2018年1月15日月曜日

アイスバインとNY産辛口リースリング

みなさま、こんにちは♪

新しい年を迎えて早2週間。

お正月は家族のインフルエンザでバタバタだった我が家もようやく落ち着きを取り戻し。。。やはり、何事も健康あってこそ!と実感した2018年のスタートとなりました。

さて。エノテカ・オンラインのグルメバイヤーとしてワインに合う美味しい食材を探し求めて奔走する私。先日は、今年最初にご紹介予定の新商品撮影の日でした。

一年で最も寒い今時期にワインと愉しむのにピッタリ!とセレクトしたアイテム、ドイツ発祥の豚すね肉の煮込み料理「アイスバイン」です。


国産「やまと豚」を扱うメーカー、フリーデン社のアイスバインは「やまと豚」の骨付きすね肉を塩漬・熟成させた後、香味野菜や香辛料とじっくり煮込んで仕上げたというこだわりの一品。

実は前々から個人的にこちらの商品のファンで家庭の食卓ではお世話になっていましたが、今回エノテカ・オンラインでご紹介するのは初!満を持しての機会到来で、試作撮影段階からワクワクです♪

こちらが自宅で撮影したメインカット。


温めている段階から、お肉が骨から外れかかるというピンチ!ホロホロに柔らかいのが画像でもわかる程ですね。

アイスバインを自分で作ろうとしたら、食材調達から一仕事。さらに塩漬、熟成、煮込みと何段階にも渡る調理工程がかかるからこそ、このような手軽に愉しめる加工品は嬉しいところ。こちらのアイテムは、国産豚という安心感もありますしね♪

撮影後、これらの料理は我が家の夕飯として美味しく頂くわけですが、夫も子供も、骨までしゃぶりついたのは言うまでもありません。。笑

合わせるワインは…やはり料理と同じ国ドイツの辛口リースリングが定説。それはもう間違いない相性なので、今回冷涼産地の辛口リースリングという基本は外さずに、少々変化球…ニューヨーク産のリースリングをチョイスしました。


NYでローヌの巨匠サン・コムが手掛ける小規模ワイナリー「フォルジュ・セラーズ」が手掛ける「リースリング・クラシック」

実はこちらのワイン。3,500円という価格ながらワインスペクテーター誌92点!しかも同誌の2017年TOP100においても第31位に輝いているといういま最注目のワインなのです。

グラスに注いだ瞬間、その艶やかで透明感のある美しい色合いと、リースリング特有の密リンゴや白桃のようなアロマにうっとり。撮影中ながらも、余りに芳しい香りに思わず一口。思わず「美味しい!」と口に出てしまうほど素直に美味しいと感じる1本です。

複雑性に富み、十分なコクを備えながらも冷涼産地ならではの繊細でクリスプな酸やミネラルが余韻にまでスッと一本筋が通っている、凛としたスタイル。その一方で、つい飲み進めてしまうオープンなキャラクターも持ち合わせているという多面性が魅力のように感じました。満足感の高いリースリング、これはおススメです♪

もちろん、アイスバインとの相性もバッチリ!ワインと合わせて頂く際は、お皿に盛ったアイスバインにコショウをたっぷりと挽いて♪ワインにほのかに感じる白いスパイスや月桂樹の葉などのスパイシーな要素とも、ぴったりと合います。


「やまと豚」のアイスバインは近日エノテカ・オンラインで限定販売の予定です。

どうぞご期待くださいませ♪


▽本日ご紹介したワインはコチラ


☆エノテカ・ワインライフブログにお越し頂き、ありがとうございます☆

0 件のコメント:

コメントを投稿