2017年4月9日日曜日

桜とシャブリと手巻き寿司♪

桜前線は順調に北上しているようですが、
東京都心は今週末、あいにくの桜流しの雨模様。
お花見を取りやめた方も多いでしょうか。

ほんの僅かな桜のシーズン、
少しでも長く楽しみたいたいものですね^^


我が家はいま、ダイニングに活けた啓翁桜が
蕾の時期を経て、満開を迎えています。





























満開が過ぎてからの葉桜もこれまた美しく、
この先もまだ長く楽しみが続くのも、嬉しいのです♪


昨晩は、そんな満開の啓翁桜を眺めつつ。
そして、娘が公園で拾ってきた染井吉野の花びらも
クープ型のシャンパングラスに浮かべつつの、
おうちお花見ご飯です。































大ぶりの花が染井吉野。小ぶりの方が啓翁桜。
グラスに浮かべるとまた、可愛らしいですね♪

夕飯は、春のお魚たくさんの手巻き寿司です。






























初カツオ、天然のヒラメ、アナゴは長崎から。
伊勢湾の青柳も今が旬ですね。
13種類の寿司ネタを、たっぷりの野菜とともに
思い思いに巻いて頂きます。

手巻き寿司にワインを合わせることが多い我が家は、
醤油だけでなく、美味しいお塩とスダチなど柑橘系を
食卓に用意しておくことも欠かせません♪

大食い娘は、自分専用丼にすし飯をスタンバイして完璧なスタート。
呑兵衛夫は、前半はお刺身で飲み、後半大盛りご飯でスパート。
そして私は、海苔で飲み、野菜で飲み、わさびで飲む。
そんな、勝手気ままな手巻きが大好きな我が家です。笑


この日の白ワインは
シャルロパンのシャブリ2014年






























フードルという伝統的な大樽を使って仕込むことで、
樽の香りよりも果実の爽やかさやジューシーさが
前面に出るタイプのシャブリ。
酸が穏やかでのど越しが良く、
余韻にも綺麗なミネラルが広がるので、
繊細な和食とは良い相性です。

特に貝類や白身のお魚、軽く炙ったヒラメのえんがわも
塩とスダチで頂くと、ベストマリアージュでした♪


2014年ヴィンテージのブルゴーニュは
特に白ワインの出来が良いと言われますが、
果実の豊かなアロマやジューシーさが際立っているので、
今すぐ飲んでも十分に美味しく感じられると思います。

春の食卓で是非、2014年ブルゴーニュ白ワイン
試してみてはいかがでしょうか^^♪


▼本日ご紹介したワインはコチラ







  








   ☆エノテカ・ワインライフブログにお越しいただき、ありがとうございます☆





0 件のコメント:

コメントを投稿