2016年11月29日火曜日

あったかポトフが食べたくて♪

日中はポカポカ陽気でも、
夜になるとグッと冷え込みが増すこの時期。

あったか~いお鍋で晩酌、したくなりますよね!

という訳で



そんな日の夕飯は、ポトフです♪
























「おでんが食べたい。でも、洋風がいい」
そんな娘の言葉を、サラ~っとポトフに置き換える母です。

ポトフならワインに合うのはもちろん、
ゴロゴロお肉が肉好き夫の要求にもぴったり。。
洋風おでん、間違いではない・・・はず。


牛テールと骨付き鶏肉は前日から。
丁寧に下処理からの煮込みスタート。
ブーケガルニとガーゼに包んだ皮つきにんにく、
生姜の薄切りと黒粒コショウを数粒入れて、コトコト開始。

途中で大根、人参、パースニップ、
丸ごとの玉葱を加えて、更にコトコト。。

ここで一晩お休みをして、当日に
セロリ、ポロネギ→→カブ、芽キャベツと
時間差で加えて、更にコトコト。。

ソーセージは温める程度に、最後に投入。

ポトフを美味しく作るポイントは、この「時間差」
に尽きると思う私です。

やっぱり、野菜は食感が大事。
トロトロとシャッキリ、それぞれ美味しい状態で
テーブルに運べれば、万事OKです♪♪

味付けはほんのりと塩味のみ。
テーブル上でお好みの粒マスタードを付けて頂きます。

























肉食夫の大好物、牛テール。
やっぱり、骨付きのお肉をかぶりつく幸せは、
変えがたいものがあるそう。
お肉にかぶりついて、白ワインをゴクゴク。
その幸せそうな顔たるや。。笑

野菜好きの娘は、
「やっぱり王様は玉葱!」だそう。

お肌が気になる私は、
テールと鶏肉から出たコラーゲンたっぷりの
お出汁を中心に頂きます。笑

こうやって、一つの料理を囲んで
会話が弾むのも、鍋料理の良いところですね♪


この日のワインは、なぜかどうしても
ボルドー・ブランの気分だったので、
ポトフとのマリアージュ関係なしのセレクト。。

なので・・・
前菜は魚介類も少し取り入れたく、
スモークサーモン&クスクスのサラダで
バランスを取りました。

























お鍋で4分煮るだけ!という「ラ・プロンタ」のクスクスに
刻んだ人参の葉っぱとレモン汁をたっぷり加えて、
さっぱりとサラダ仕立てで。














ワインにピッタリ!便利で美味しい「ラ・プロンタ」は、
近いうちにエノテカのグルメブティックでも
取り扱いを開始する予定ですので、ご期待ください♪



     ☆エノテカ・ワインライフブログにお越しいただき、ありがとうございます☆




2016年11月13日日曜日

「RF1特製 合鴨のロースト」で休日ランチ♪

昨日の週末おうちランチは、合鴨のロースト♪
























ただいまエノテカ・オンラインで大好評販売中の、
デパ地下グルメの名店、RF1さん特製
おうちで温めるだけで食べられるとっておきグルメ、
「合鴨のロースト オレンジコンフィ添え ヴィガラードソース」
エノテカ・オンラインだけのために、今年初めて
シェフの江田氏がレシピ考案くださった特別メニューです。

しっとりとした肉質の岩手産合鴨と、国産オレンジのコンフィ、
特製のヴィガラードソースが口の中で相まって、
まるでフレンチレストランで頂くメイン料理のような
本格的な味わいに感動を覚える逸品・・・

私は、試食させて頂いた際にひと口で一目惚れ!
また再会できて最高に嬉しいです♪♪


そもそも、鴨ってフレッシュなものが出回るお店自体少なく、
おうちで調理する機会も少ない食材。
休日のランチにこんな贅沢な一品があるとなれば
主婦にとっては優雅な時間をプレゼントして頂いたようですよね^^


しかし何を隠そう、私。。。

この合鴨のローストの販売ページにおいて、
ご自宅で楽しんでいただく際には
「ぜひボジョレー・ヌーヴォーとご一緒に!」
と書きました。

相性の良さはもちろん、
ちょうど時期的にもピッタリだからなのですが



鴨が届いた当日は、まだヌーヴォー解禁前。。

解禁日までお預けなんて、できません(きっぱり。笑)
ということで、この日はヌーヴォーではなく
ブルゴーニュのピノと頂きました^^♪

























この日選んだワインは、トロ・ボーのブルゴーニュ・ルージュ。
鴨とピノ・ノワールと言えば、フレンチではマリアージュの定説
とも言われる間違いのない組み合わせですね。

ブルゴーニュの上質なピノ・ノワールを選べば、
鴨の繊細な肉質と脂、それとオレンジの甘酸っぱさを、
しなやかな果実味と酸が包み込み、至福の美味しさが広がります。

トロ・ボーのブルゴーニュ・ルージュとこちらのお料理は、
風味やテクスチュアが調和してかなりおススメです♪


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

さて…
ここからは、少々食卓にのぼるまでの裏話
ご興味がある方だけどうぞ^^


このお料理についてRF1の江田シェフには
「美味しく頂くためには、温めるときの温度が重要」
とうかがっていました。

ロゼに仕上げた鴨の火入れの加減をキープするために
低温で丁寧に温める必要がある、ということだそう。

ご指示通りに実践です!

まずは、パッキングされたお肉とソースを60℃のお湯に
10分漬けて温めることからスタートします。

























そして、取り出した鴨肉から、オレンジをそっと取り外し…
温めたフライパンの上に鴨の皮目を下にして乗せて、約20秒。
これで皮目の水分が飛んで、パリッと仕上がります。


























そして、いざカット!


























中は絶妙なロゼ色がキープされています~♪♪

シェフお勧めの厚さは7ミリだそうですが…
ちょっと欲が出て1センチ位になってしまいました。笑

好みの厚さで頂けるのもまた、おうちグルメの
醍醐味ですね♪


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


エノテカ・オンラインだけで手に入るRF1特製、とっておきグルメ!

今ならまだ、最終のお届け締め切りが間に合います。
是非チェックしてみてくださいね♪


↓詳細とご注文はコチラからどうぞ。
https://www.enoteca.co.jp/item/list?_label=DK





       













        ☆エノテカ・ワインライフブログにお越しいただき、ありがとうございます☆







2016年11月8日火曜日

「サクッサク!カリッカリ!」のフリットです♪

雲ひとつない秋晴れの週末。
絶好の畑日和のなか、大根と人参を収穫しました♪




















今年は生育期の天候の関係で虫が少なかったので、
根菜類は葉っぱまでとっても立派!

大根も人参も根っこが主役?の野菜ではありますが、
実は、この葉っぱが大好物の私。。
野性味溢れるほろ苦さがたまらないのです^^

市販のお野菜だと、葉っぱには農薬などの心配が
つきものですが、その点自分の畑のものなら何の心配もなく
皮も葉っぱも丸ごと頂けますしね。幸せです♪

大根の方は、風呂吹き大根、大根葉とじゃこの炒め煮と
常備菜の仕込みが完了(こちらは地味なので画像なし。笑)


そして、収穫の夜は人参料理で乾杯♪
























先ず、人参の根っこは全てチーズグレーダーで
ガーっと一気にすりおろして、ラペに。

包丁で千切りにするのと比べると、
すりおろした人参は表面がザラザラになることで
よりドレッシングが絡みやすくなり、おススメです。
何より、すりおろす方が楽チンですし^^

味付けはその時々の気分次第で・・・
今回はオレンジジュースで優しい味に仕上げます。
軽く塩もみした人参に、にんにくほんの少し、粒マスタード、
塩、胡椒、好みのビネガー(この日はアップルビネガーを使用)
オレンジジュース、オイルを混ぜ合わせたドレッシングでマリネします。
オレンジジュースの甘みと酸味が人参と絶妙にマッチ!
できれば、食べる前数時間は冷蔵庫で寝かせて。
翌日になれば、より味が馴染んで美味しくなります。

この日は、仕上げにスモークチキン、カットオレンジ、
刻んだ人参の葉も加えて、サラダ仕立てにしました。


そして、人参の葉は大好物のフリットに。
























葉っぱ好きのわたし的には、本日のメイン料理♪
写真では伝わりにくいですが・・・
この料理のポイントは衣です。
フリットの衣にはフワフワバージョン、サクサクバージョンと
色々な食感を生む配合がありますが、
この衣は表現するなら「サクッサク!カリッカリ!」
こんな感じでしょうか。笑

冷めても変わらないこの食感を生む衣は、
薄力粉、片栗粉、塩、砂糖、ベーキングパウダー、炭酸水
これらを混ぜ合わせたもの。
炭酸水を使うことでサクサクに、
薄力粉100gに対して小さじ1/2のベーキングパウダーを
入れることでさらにカリカリに仕上がります。
このサクサク&カリカリが、人参葉のほろ苦さと合うのです。

揚げるときには、人参の葉に先に薄く粉を
はたいておき、衣をくぐらせて少し低めの温度で
水分を抜くように揚げていくのもポイント。
衣に薄く塩味をつけているので、そのままでも十分美味。
お好みで塩を付けて頂きます。
もう、ワインが進むこと間違いなし~♪


この日のワインは、ガヤがトスカーナ、ボルゲリで造る白ワイン、
ヴィスタマーレ / カ・マルカンダ(ガヤ)」。
























ヴェルメンティーノのフレッシュな爽やかさに
ヴィオニエのボリューム感が加わり、
華やかな味わいに仕上がっている白ワイン。
どこかニューワールド的な造りを感じつつも、
スッと芯の通った透明感が印象的。
ガヤならではの完成度の高い白ワインです。

料理を選ばない万能なタイプですが、
オイルやクリームを使ったボリューム感のある
お料理との相性が良いですね。
塩で頂く人参の葉と海老のフリットにもピッタリでした!


フリットと白ワインで至福の時間を堪能する横で、
まだまだお腹が満たされない夫と子供。笑
そんな2人のメイン料理は、
骨付き鶏肉のレモンクリーム煮^^

























ソースまで残さず完食した夫曰く、こちらもフリットに
負けず劣らずワインと好相性だったよう。
レモンの酸味が効いたクリーミーなソースが
ヴィスタマーレと合うよ!とのことです。

みなさまも是非、お試しください♪


本日ご紹介したワインはコチラ↓
https://www.enoteca.co.jp/item/detail/044653402



 

     










      
      
       ☆エノテカ・ワインライフブログにお越しいただき、ありがとうございます☆







2016年11月2日水曜日

世界に一つだけのメロン!

先日、あるお取引先様から、
感動溢れる贈り物を頂きました♪

ちょうど届いたその日、私は休日。
スタッフの一人から「贈り物が届いています」
との連絡を受け、届いた画像は・・・
























とても立派なメロン!

送り主は、エノテカ・オンラインでも大人気の、
稀少な国産のプレミアムブドウジュース「アメジストのしずく」や、
プロからも大絶賛のトマトジュース「あかい実りの贅沢しぼり」
をご提供くださっている、宮城県のag-people様とのこと。
直筆のお手紙付きだということだけを聞き、
この日は終わりました。

しかし…
私はこの時全く気付かなかったのです。
これが、「世界に一つだけのメロン」だということに。。。


後日オフィスで実物を見てびっくり。
頂いたメロンには、「ENOTECA」と皮に網目模様が
模られているではありませんか!

すぐさまag-peopleのS様にお電話してお話しを伺うと、
エノテカ・オンラインを通じて「アメジストのしずく」をご紹介した
お客様とのお取引が大成功に終わったお礼、とのことでした。

メロンにこのような網目模様を後から付けたのか、
それとも最初から・・・??まったく知識のない私です。

伺うと、生育途上の若い果実に柄の形の傷をつけて、
その模様のメロンを作ることは技術的に可能だそうです。
ただ、メロンも生き物。自らの傷を塞ぐ作用を利用した模様が
うまく出るかどうかは、五分五分の確率なので、
出来上がるまではお知らせ出来なかった、とのことでした。

何か月も掛けて、メロン農家さんとそんな素敵な計画を
ひそかに進めてくださっていたとは・・・
私の心は感動の嵐です。

東北の農業を通じて、「人」や「物」を「繋ぐ」ということは、
日ごろag-people様が大切にされている理念と伺います。
今回、その一端を垣間見させて頂いた気がしました。


先日、そんな貴重なメロンをエノテカ・オンラインの
スタッフ一同で頂く機会が訪れました。
























その機会とは、エノテカ・オンラインのオフィス内で
開催した、新人スタッフの歓迎会!

このメロンの存在を知らなかったスタッフたちにも、
一様に素晴らしいサプライズとなったようです♪

そして、嬉しいことに、ジャスト食べ頃♪♪
甘くてジューシーなメロンに次々と手が伸びて、
あっという間にお皿は空になりました。



















S様、とってもとっても貴重なメロンを、ありがとうございました♪
byエノテカ・オンライン一同
 

今回ご紹介した商品
「アメジストのしずく」はコチラから↓
https://www.enoteca.co.jp/item/list?_producer=873




     













「あかい実りの贅沢しぼり」はコチラから↓


        
















        ☆エノテカ・ワインライフブログにお越し頂き、ありがとうございました☆