2016年10月4日火曜日

ハロウィンには、かぼちゃとかぼちゃワインと・・・!?

10月の一大イベント、ハロウィン。
我が家の近くは特に外国の方が多くお住まいで、
イベントが近づくと街中がハロウィン色に染まります。

そんな時代の流れも受けて・・・?

今年は、エノテカ・オンラインでも
フランチャコルタ・アルマ・グラン・キュヴェ・ブリュット
のページがこんなことになっています。 ↓
https://www.enoteca.co.jp/item/detail/046123969




















確かにハロウィンカラーのかぼちゃ色!?
この1本で、パーティーの乾杯も盛り上がりそうですね。


そんなわけで~・・・

我が家のかぼちゃたちも集結!

























手前は、知人に頂いたお飾り用の「おもちゃかぼちゃ」
奥右は、我が家の畑で獲れた「赤皮栗かぼちゃ」

そしてその隣には・・・ハロウィンパンプキン!

娘には「気持ち悪い~」と言われてしまいましたが。
可愛い置き物のカボチャがないかとスーパーに行ったところ、
色とりどりの髪の毛と奇抜なキャラクターの組み合わせの中で
このかぼちゃが一番「気持ち悪くなかった」のです。。。

ハロウィンって、そもそもがお化けのイベントですものね。笑


気を取り直して、この日は赤皮栗かぼちゃを使って
夕飯作りです。
























作ったのは、かぼちゃとラム挽き肉のシェパーズパイ。

イギリス発祥の料理で、本来はジャガイモで
作りますが、今回はかぼちゃを使って。

美しいオレンジ色の皮をもつ赤栗かぼちゃは、
皮が薄く全て料理に使えるので、
お料理にとても綺麗な色みが出ます。


作り方を簡単に・・・
かぼちゃはカットして蒸した後にマッシュ。軽く塩をして、
牛乳でのばしながら適度な硬さのペーストにしておきます。

ラムの挽き肉は予めすりおろしたにんにく、
カレー粉、ターメリック、ナツメグ、シナモン、
たっぷりの赤ワインでマリネ。
冷蔵庫で寝かせておきます。

玉葱としめじなどお好みのきのこをフライパンで炒め、
マリネした挽き肉を投入。トマトピューレ、塩胡椒で味を整え、
ローリエを加えて少し煮込みます。

耐熱容器に炒めた挽き肉、一口大にカットした
モッツァレラチーズ、かぼちゃのペーストの順に重ねます。

仕上げは、オーブンかトースターで
こんがりと焼き色が付くまで焼いて完成です。


そして、夕飯♪
























そのほかのメニューは
サンマのコンフィ りんごとディルのビネグレット
カニとアボカドのタルタル
メゾン・カイザーのパン数種類


























奥には・・・
かぼちゃとかぼちゃワイン・・・!? 笑

スパイスの効いた香り高いラムの挽き肉を、
優しいかぼちゃの甘みが包み込み、
エキゾチックな、大人の美味しさです。

作り置き出来て冷えても美味しく食べられ、
もちろん、ワインを中心としたお酒にもピッタリ。
パーティー料理としてもお勧めの一品です♪

今年のハロウィンパーティーは、
フランチャコルタ・アルマ・グラン・キュヴェ・ブリュット
かぼちゃとラム挽き肉のシェパーズパイで「乾杯!」
いかがでしょうか♪


本日ご紹介した
フランチャコルタ・アルマ・グラン・キュヴェ・ブリュット
について、詳しくはこちらから↓
https://www.enoteca.co.jp/item/detail/046123969



      ☆エノテカ・ワインライフブログにお越しいただき、ありがとうございます☆



0 件のコメント:

コメントを投稿