2015年12月29日火曜日

今シーズン最後の松茸で♪

師走の怒涛のような慌しさも、
ようやく終わりが見えてきた今日この頃です。

時間がない日のテッパンご飯、
我が家は「焼き焼き」と「手巻き寿司」ですが・・・
先週末もそんな1日、夕飯は手巻きに決定~!

お魚を調達にスーパーに出かけると
この時期にまだ松茸があるではないですか!

今シーズン最後、名残松茸もカゴにIN♪

























トルコからはるばるやってきた
とってもかわいいサイズの松茸。

本来なら土瓶蒸しや松茸ご飯に適した
大きさですが、手巻き寿司の本日は
松茸もホイル焼きにしてお寿司の具に♪

娘がこんなかわいらしい
握りに仕立ててくれました。

























握り初挑戦にしては上々の出来。
海苔を巻くのは夫が、すだちは私が乗せて
家族で作る松茸握りの完成です。


























お寿司に合わせるワインと言うと、
万能な泡、ミネラル豊富な白、日本の甲州・・・
諸説ありますが、南仏のコチラもワインも最近お気に入り♪






      










コート・デュ・ローヌ・レ・ベック・ファン・ブラン/ タルデューローラン

すっきりとしたクリーンな味わいとクリーミーな舌触り。
ネタや酢飯、醤油、わさび、しょうがなど
様々な要素があるお寿司に違和感なく馴染む
程よいボリューム感の1本、おススメです♪



        ☆エノテカ・ワインライフブログにお越しいただき、ありがとうございます☆

2015年12月8日火曜日

モンドールナイト!

ワインが美味しい季節です♪
(・・・年中飲んでますが。笑)

昨晩の我が家は、
季節のチーズ「モンドール」がメインの夕食に。

前菜は
●クラテッロ・ディ・ジベッロ
●駿河湾産 生桜海老
●ノルウェーサーモンとカブの柚子風味マリネ
























クラテッロ・ディ・ジベッロは
イタリアのエミリア・ロマーニャのジベッロ村で作られる
豚の後ろ足のお尻のお肉を使った生ハム。

豚の膀胱に包んで吊して熟成するという
特殊な製法で造られるもの。
なかでもDOPジベッロのものは稀少です。

素晴らしい熟成香を放ち、
ネットリと濃厚な肉の旨みが、
生ハムとはまた違った美味しさ!
間違いなくワインが進みます。


そして・・・
本日のモンドール♪
























フェルミエで購入した、アルノー社のモンドール。
日本で手に入るものの中では
アルノー社が上質で甘いミルクの風味が濃厚で、
お気に入りです。

























「トロトロ~!な感じの写真を撮りたい」
と母が言うと、そそくさとチーズを持ち上げる
アシスタントに入る娘。ありがたい・・・!


秋~春の限られた期間しか作られないチーズなので、
シーズン中我が家では、月に2~3個くらいのペースで、
モンドールを食べまくります。笑

このモンドールというチーズの
人を惹き付ける魅力は、不思議なほど。

「モンドールパーティーしよ♪」
と声を掛けると瞬く間に人が集まり、
そして、瞬く間に無くなる。
そんな破壊力抜群のチーズ、
他には無いな~・・・と思うのです。

このモンドールの素晴らしいところは、
幅広いワインと合うという点。
リースリングなど辛口の白も良し、
ボジョレーなどの軽めの赤も良し、
もちろんシャンパーニュでも。


最後に・・・
肉好き夫の為の一皿も。
























豚スペアリブのグリル ハニーマスタード風味


結局この夜も、白ワイン1本では足らず
赤ワインを開け、チーズとお肉を
しっかり堪能しました・・・

モンドールの季節、ワインと一緒に存分に
楽しみたいですね♪



      ☆エノテカ・ワインライフブログにお越しいただき、ありがとうございます☆