2015年9月26日土曜日

フランス土産のハーブ頂きました♪

先日、南フランスのローヌとプロヴァンスに
行かれていた方から、嬉しい嬉しいお土産を頂きました♪



























南フランス地方のお料理で使われるハーブミックス
「エルブ・ド・プロヴァンス」。

このハーブミックスがあると、煮込みやソテー、
魚や肉料理のソースなど、色々なお料理に使えて、
しかも簡単に「プロヴァンス風」が再現出来て
とっても便利なので、私は必ず常備しています。

そんなハーブをくださるなんて!
お好みを熟知してくださっています^^♪



























麻袋がパンパンになるほどの量。
当分の間、これでプロヴァンス料理を満喫です♪


オリーブオイルやにんにくと同じくらい
ハーブを多く使うプロヴァンス地方では、古くから庭に
自生しているさまざまなハーブを摘んで乾燥させ、
その家独自のミックスハーブを常備していたそうです。

ブレンドにこれといって決まりがないので、
販売されているものはメーカーごとに配合が異なるんですよね。



























今回頂いたものは、バジル、ローズマリー、
セージ、タイム、マジョラムがブレンドされているよう。



























頂いた初日は、香りをダイレクトに楽しめるよう、
海老フライの衣に混ぜ込みました。

揚げているそばから香しい香りが漂って、
それだけでも幸せ!

キリッと冷えた白ワインとともに、揚げたてをつまみ食いしながら、
次回はどんなお料理に使おうかしら~…と
考えを巡らせるのも、また楽しいものです。


乾燥した地域であり、太陽の光が豊かに降り注ぐ
プロヴァンスでは、ハーブが多く自生していますが、
同じように、その土壌は素晴らしいワインも生み出します。

プロヴァンスのハーブを使ったお料理には、
同じプロヴァンス産の白ワインと楽しみたいですね♪





    












「ブラン・ド・ブラン・クロ・ミレイユ / ドメーヌ・オット★」




         ☆エノテカ・ワインライフブログにお越しいただき、ありがとうございます☆










2015年9月19日土曜日

生が美味しい♪鰹のたたき&ピーマン

秋と言えば、鰹の美味しいシーズン。

いつからか我が家のお気に入りの食べ方に、
「鰹のたたき 生ピーマン乗せ」
というレシピが加わりました。



























鰹はさっとあぶってたたきにしたら、
にんにく、玉ねぎスライスを乗せて
刻んだピーマンをどっさり!
ポン酢で頂きます。

写真用にちょっと控えめですが、
撮影が終われば、鰹を覆い隠すほど
どっさりと乗せます。笑

さっぱりとした初夏のかつおに爽やかなピーマンも良いですが、
脂の乗り切った戻りガツオにピーマンを合わせると、
脂のクセが消えてそれはそれで美味しいんですよね♪

我が家の娘はピーマン好き!しかも「生」がお好き・・・
娘の前に出すと速攻無くなる、危険な一皿です。。。


一般的に鰹には、繊細なピノ・ノワールや
香りにピーマンのような共通項がある軽めの赤ワインが
相性が良いですが、相手を選ばない万能な
シャンパーニュも、もちろん良いですね。

この日の1本はコチラ↓

















ルイ・ロデレール ブリュット・プルミエ


鰹の美味しいシーズンに、お試しください♪



        ☆エノテカ・ワインライフブログをお越し頂き、ありがとうございます☆



2015年9月12日土曜日

新酒解禁を待ちながら・・・

空気にほのかな秋の匂いを感じると、
新酒の時期ももう近いな・・・と感じますね。

今年のブドウの出来栄えは・・・?
と、毎年楽しみなものです。

夫とそんな話題になった日の夜、
昨年、2014年のボジョレー・ヌーヴォーを
開けてみることに。
























「ボジョレー・ヴィラージュ・ヌーヴォー ラ・グランド・キュヴェ」

フランスの老舗レストラン、タイユヴァンが毎年
セレクションしているヌーヴォーの中でも、
樹齢50年という古樹から造られるスペシャルキュヴェです。

立派な木箱に入り、ロウキャップに覆われたヌーヴォー。
堂々たる存在感を放つグランド・キュヴェは、
その辺のボジョレー・ヌーヴォーとはいでたちからして
違うのです。。

特筆すべきはその色。素晴らしく鮮やかなマゼンタで、
透明感と輝きがあります。

 























ガメイ特有の清新な果実味に満ちていながら、
どこまでも滑らかでエレガント。
1年の熟成を経て、風格すら感じる仕上がりになっています。

新酒といえば、リリース直後に楽しむのが醍醐味ですが、
このキュヴェは熟成させてこそ実力を発揮する気が致します。
⇒ちなみに2015年も販売しています。詳しくはコチラ からどうぞ。

リッチなボディは、お肉料理と合わせても負けない存在感です。
この日は、ニュージーランド産アンガス牛と
岩手県白金豚のグリルとともに。
























今年のボジョレー・ヌーヴォー解禁は11月19日(木)!
飲みたい銘柄をチェックしながら、リリースを心待ちにいたしましょう♪


    ☆エノテカ・ワインライフブログにお越しいただき、ありがとうございます☆

2015年9月4日金曜日

今年初の松茸です♪

8月の終わり、1週間ほど休暇を頂きました。

今年は「酷暑」という言葉をよく耳にした夏でしたが、
過ぎてみればあっという間!
年々その感じ方が早まることを実感しています…

さて。
毎日の料理が欠かせない主婦の私が
季節の移り変わりを身近に感じるのが、野菜の旬。

今日も野菜売り場に秋を見付けました♪


























松茸。

本日のものは、中国の雲南省産だそう。
今では輸入ものが主流の松茸ですが、
最も早く出回るのが中国産、
手頃で品質の良いものも多くなりました。


先ずは家族みんな大好き!フライで。
鱧も一緒に揚げました。


























松茸はウスターソース。
鱧は藻塩とすだちを絞って頂きます。



























走りの松茸と名残の鱧。

この「名残」と「走り」の組み合わせは、料理のなかに
季節の移り変わりを投影した日本人ならではの
繊細な感性を感じます。大切にしたいですね…。


松茸のフライに合わせるなら、芳醇タイプのシャンパーニュ。
例えば、ピノ・ノワールのコクとシャルドネのキレの
バランスが素晴らしい、こんな1本がおススメです。


















「ポール・デテュンヌ・ブリュット」

ふくよかで、フライなどのお料理に良く合いますよ♪
この秋、松茸フライ&シャンパーニュ、楽しんでみては
いかがでしょうか^^。


       ☆エノテカ・ワインライフブログにお越しいただき、ありがとうございます☆