2015年6月26日金曜日

ウニとワインの美味しいお話。

初夏、北海道あたりで獲れるウニが
美味しいシーズンを迎えていますね♪

先日、家族3人でちょうど良いサイズの
礼文のエゾバフンウニが手に入ったので、得意の「手巻き」に。
(我が家の、時間が無い時のお助けメニューです!笑)



























今日の主役はコチラのウニ。

さて。ワインは何を合わせましょうか。。。



生のウニは、とろけるように甘くて濃厚ですが、
個性が強く、合わせる飲み物によっては
臭みが増長されてしまったり、残念な感じに
なりがちな食材…


個人的には、ウニを海苔で巻いて塩をパラりと振って
パクリと一口で。

濃厚なウニと海苔の潮の香りを楽しんだら、
甲州かソーヴィニヨン・ブランあたりの
スッキリ辛口白で流すのがお勧めです♪

これ、調味料を潮から醤油に変えれば一気に
赤ワインとピッタリくるようになるんですよね。

調味料って、ワインと食材をつなげる
大事なパートナーだな~と思うのです。



























実は、この海苔とウニがまた合うと思っている私。


昔、お寿司屋さんのご主人から
「ウニは昆布を餌にしてるから、
同じ海藻の海苔との相性も良いんですよ」

と教わったのを思い出した夜でした。

食べ物の相性も、奥が深いですね♪


      ☆エノテカ・ワインライフブログにお越し頂き、ありがとうございます☆







0 件のコメント:

コメントを投稿