2015年3月30日月曜日

春爛漫の食卓です♪

休日の朝、お買い物に行くと、今年初の
フランス・ロワール産ホワイトアスパラを
見つけて早速お買い上げ♪

休日ランチの一皿に仕立てます!



























日本の桜前線のように、ヨーロッパでは
ホワイトアスパラガス前線があるほどに、
春を告げる食材として愛されているんですよね。

そんなホワイトアスパラを、
さっぱりヴィネグレットで前菜の一品に♪



























「ホワイトアスパラとつぶ貝のマリネ
みょうがのドレッシングで」

一度湯がいたホワイトアスパラガスをそのまま
茹で汁ごと冷やして旨みを閉じ込め、
みょうがをたっぷり入れたバルサミコヴィネガー入りの
ヴィネグレットでサラダ仕立てに。

ドレッシングをかけて少し冷蔵庫に。
程よく味が染みた頃に頂きます。

太くて立派なホワイトアスパラは、
柔らかいのに歯ごたえは失われず、
シャッキリとした心地良い食感がたまりません!

アスパラの甘さとみょうがの鮮烈さが絶妙な一皿です。
軽めのスパークリング、プロセッコと。

春ですね♪


お供は、シニフィアン・シニフィエのパン。



























その昔、こちらの「パン・オ・ヴァン」に衝撃を受けた私。
(写真の真ん中手前のパンです)

いちじく、クランベリー、ピスタチオなどのナッツ類と
スパイスがぎっしり。煮詰めた赤ワインがふんだんに入っているので
香りはまるで高級なフルーツケーキのようなんですよね!

このパンを食べたとたん、気分はもう、
「赤ワインちょうだい!」
となるのですが。。。笑

やはり、シニフィアン・シニフィエのパンは美味しいです。

パンのお供がほしいね~!
というわけで、ほど良いアルコールの回りも手伝い
おつまみ作り。。。笑



























「ほたるいかと空豆、たけのこのアヒージョ」

定番のおつまみも、素材の組み合わせで
春ならではの一皿に。

空豆をバゲットの上で潰してペースト状にして、
オイルをつけて頂くと美味しい!
ワインが進み過ぎます。笑

この後は、オイルをリメイクしてリゾットを作り、
残すことなく頂きました。


春ならではの色鮮やかな食卓に、乾杯です♪




       ☆エノテカ・ワインライフブログにお越し頂き、ありがとうございます☆


0 件のコメント:

コメントを投稿