2015年12月29日火曜日

今シーズン最後の松茸で♪

師走の怒涛のような慌しさも、
ようやく終わりが見えてきた今日この頃です。

時間がない日のテッパンご飯、
我が家は「焼き焼き」と「手巻き寿司」ですが・・・
先週末もそんな1日、夕飯は手巻きに決定~!

お魚を調達にスーパーに出かけると
この時期にまだ松茸があるではないですか!

今シーズン最後、名残松茸もカゴにIN♪

























トルコからはるばるやってきた
とってもかわいいサイズの松茸。

本来なら土瓶蒸しや松茸ご飯に適した
大きさですが、手巻き寿司の本日は
松茸もホイル焼きにしてお寿司の具に♪

娘がこんなかわいらしい
握りに仕立ててくれました。

























握り初挑戦にしては上々の出来。
海苔を巻くのは夫が、すだちは私が乗せて
家族で作る松茸握りの完成です。


























お寿司に合わせるワインと言うと、
万能な泡、ミネラル豊富な白、日本の甲州・・・
諸説ありますが、南仏のコチラもワインも最近お気に入り♪






      










コート・デュ・ローヌ・レ・ベック・ファン・ブラン/ タルデューローラン

すっきりとしたクリーンな味わいとクリーミーな舌触り。
ネタや酢飯、醤油、わさび、しょうがなど
様々な要素があるお寿司に違和感なく馴染む
程よいボリューム感の1本、おススメです♪



        ☆エノテカ・ワインライフブログにお越しいただき、ありがとうございます☆

2015年12月8日火曜日

モンドールナイト!

ワインが美味しい季節です♪
(・・・年中飲んでますが。笑)

昨晩の我が家は、
季節のチーズ「モンドール」がメインの夕食に。

前菜は
●クラテッロ・ディ・ジベッロ
●駿河湾産 生桜海老
●ノルウェーサーモンとカブの柚子風味マリネ
























クラテッロ・ディ・ジベッロは
イタリアのエミリア・ロマーニャのジベッロ村で作られる
豚の後ろ足のお尻のお肉を使った生ハム。

豚の膀胱に包んで吊して熟成するという
特殊な製法で造られるもの。
なかでもDOPジベッロのものは稀少です。

素晴らしい熟成香を放ち、
ネットリと濃厚な肉の旨みが、
生ハムとはまた違った美味しさ!
間違いなくワインが進みます。


そして・・・
本日のモンドール♪
























フェルミエで購入した、アルノー社のモンドール。
日本で手に入るものの中では
アルノー社が上質で甘いミルクの風味が濃厚で、
お気に入りです。

























「トロトロ~!な感じの写真を撮りたい」
と母が言うと、そそくさとチーズを持ち上げる
アシスタントに入る娘。ありがたい・・・!


秋~春の限られた期間しか作られないチーズなので、
シーズン中我が家では、月に2~3個くらいのペースで、
モンドールを食べまくります。笑

このモンドールというチーズの
人を惹き付ける魅力は、不思議なほど。

「モンドールパーティーしよ♪」
と声を掛けると瞬く間に人が集まり、
そして、瞬く間に無くなる。
そんな破壊力抜群のチーズ、
他には無いな~・・・と思うのです。

このモンドールの素晴らしいところは、
幅広いワインと合うという点。
リースリングなど辛口の白も良し、
ボジョレーなどの軽めの赤も良し、
もちろんシャンパーニュでも。


最後に・・・
肉好き夫の為の一皿も。
























豚スペアリブのグリル ハニーマスタード風味


結局この夜も、白ワイン1本では足らず
赤ワインを開け、チーズとお肉を
しっかり堪能しました・・・

モンドールの季節、ワインと一緒に存分に
楽しみたいですね♪



      ☆エノテカ・ワインライフブログにお越しいただき、ありがとうございます☆







2015年11月26日木曜日

ペリエ・ジュエ ベル・エポックで贅沢なシャンパンタイム♪

美味しい泡が飲みたい夜・・・
昨晩の晩酌は、シャンパーニュで乾杯♪

























「ペリエ・ジュエ ベル・エポック2007」

200年以上の歴史を誇る老舗メゾン、ペリエ・ジュエの
プレステージシャンパーニュ。

アール・ヌーヴォーの巨匠、
エミール・ガレがデザインしたという
白のアネモネが描かれた美しいボトルは、
「フルール・ド・シャンパーニュ(シャンパーニュの華)」
と称されるほどの贅沢な逸品です。

























ボトル同様、味わいもフローラルで繊細。
シャルドネ由来のエレガントかつ軽快な味わいに
可憐な白い花を思わせるアロマ。
完璧に調和した洗練された味わいは、
もはや芸術の域とさえ感じます。

シャンパーニュの中でも際立つボトルデザインは
テーブルにあるだけで優雅な気分になりますね♪


この繊細なシャンパーニュは、
お料理と合わせるなら、繊細なものを。

本日は生の帆立を使った前菜とともに。
生の魚介類とは基本良い相性ですが、
とりわけ帆立の柔らかな食感や甘みとは
抜群に合う気がしています。

























「帆立と蟹とりんごのサラダ」

蟹の身はほぐしてレモン汁とオイルで軽く和え、
グラスに入れます。
角切りにした帆立、リンゴを
寿司酢、粒マスタード、エストラゴンのみじん切り、
オリーブオイルで和え、蟹の上に重ねます。
セルフィーユを飾って。

とても簡単ですが、シャンパンにはピッタリ。
縦長のグラスに入れ、スプーンで頂く
ちょっとおしゃれな前菜です♪

大切な方へのプレゼントにも相応しい
「ペリエ・ジュエ ベル・エポック2007」
クリスマスを彩る1本としても、おススメです。

http://www.enoteca.co.jp/item/detail/PR44900123A7


 
     













        ☆エノテカ・ワインライフブログにお越しいただき、ありがとうございます☆






2015年11月19日木曜日

いのししとカシスのソーセージ♪

我が家のご飯。
最近このソーセージにはまっております。






















「いのししカシスソーセージ」
(写真手前)

いのししの肉って、力強い風味と独特の癖が
あるように思いますが、 このソーセージは
カシスの甘酸っぱさが面白い!

名古屋のメーカーのものですが、
猪はオーストラリア産だそう。

一見すると何のお肉?
と思うほど癖が無く、
甘酸っぱさが広がるので、
ソーセージって塩味とスパイスで
成り立っているもの、という頭で食べた最初は
新鮮な感覚に驚いたものです。

ベリー系の香りやチョコレートやバニラのような
アロマを持つ滑らかな赤ワインと好相性。
イタリア産のモダンなサンジョヴェーゼ、
「ペポリ・キャンティ・クラシコ」 なんかぴったりです。

こちらのソーセージ、
見掛けたら試してみては♪

























      ☆エノテカ・ワインライフブログにお越しいただき、ありがとうございます☆





2015年11月8日日曜日

タパスbyピャチェーレ@シャングリ・ラ ホテル 東京

東京駅に隣接した37階建ての複合ビル、
丸の内トラストタワー本館にある
「シャングリ・ラ ホテル 東京」。

先月、そちらのメインダイニング「ピャチェーレ」が
新しいプログラムとして、「タパスbyピャチェーレ」を
オープンしたと伺い、出掛けて参りました♪
























この「タパスbyピャチェーレ」は
レストランの一角を、ぐっとカジュアルに、
気軽にお料理とワインを
楽しめるスペースにしたもの。

オープンは17時半とのことですが、
この日は少々早くお邪魔して店内を
見せて頂きました。


入り口からタパス側のスペースに進むと、
中央にはピャチェーレが誇る大きなワインカーヴが。
























なんと天井高4.8m。
ガラス扉の奥のセラーには天井まで
ワインが整然とびっしり並んでいます。

ちなみにこちらのレストラン、
4年連続アメリカで最も著名なワイン専門誌、
「ワインスペクテーター」による、
優れたワインリストを持つレストランを評価する
“ベスト オブ アワード オブ エクセレンス”に
選ばれているそうですね!

























「タパスbyピャチェーレ」の特筆すべきひとつに、
ワインをボトルで頼みたいとき、
このセラーに足を踏みいれ、並べられた
ボトルの中から自分で選ぶことが出来るというもの。

ワイン好きにとっては、リストの文字を見るだけよりも
ボトルを実際に見て、触って、選べるシステムは、
それだけで高揚感が高まるというもの。
ワイン好きの心をくすぐるシステムが
一流ホテルのレストランで楽しめるというのは、
素晴らしいですね♪

ソムリエのアドバイスを受けて選ぶも良し。
その日の気分で品定めするも良し。
ボトルの価格が意外なほどに抑えられているのも
魅力です。


ラインナップの中には、エノテカのワインも!



アルゼンチン、ボデガ・チャクラの 「バルダ」
ピノ・ノワール100%のビオワインです。

こちらはボトル価格8,000円(税抜)。
そのほかもボトルワインは4,000円台から
グラスワインは900円台からあるそうです。
なかなかリーズナブル!

























この日はまだ空が明るい時間の訪問でしたが、
窓際の席をキープすれば、東京駅から高層ビル群の
ドラマティックな夜景を眺めることが出来ます。

























お通しは
グリーンオリーブ、フェタチーズ、
フムスとラディッシュの3品。

バルダをお願いして、乾杯♪

























おススメのお料理
「ポーチドエッグとトリュフ キャビア、ほうれん草のピュレ」(2,200円 税抜)
ほうれん草の緑と卵の白、キャビアの黒の
鮮やかな色のコントラストが美しい一品です。


- ひとりで仕事帰りに一杯サクッと・・・
- アペリティーヴォに仲間でワイワイ・・・
- パートナーとゆっくりデート・・・

様々なシーンで使い勝手が良いお店という印象!
私のお気に入りリストにしっかり刻まれました。

東京駅のお近くにいらっしゃる際は、足を運んでみては?
おススメです♪

 
              
               ☆エノテカ・ワインライフブログにお越しいただき、ありがとうございます☆


2015年11月2日月曜日

ロスチャイルド家のシャンパンです♪

休日の夜は、ご近所の仲良しファミリーとの
気軽な夕食。

簡単なおつまみとシャンパンを準備してスタートです。
 























「バロン・ド・ロスチャイルド・ブリュット」

ラベルが高級感あっていい!
と、このシャンパン初見の友人が絶賛。
しばし、ロスチャイルド家の話で盛り上がりました。
話題が広がる1本って、重宝しますよね♪

先ずは・・・
イベリコ・ベジョータの切り立て生ハム























48ヶ月熟成のベジョータ!
言葉を失う美味しさです。。

ほかにも、柿と砂肝の温製サラダ、
炙りホタテとアボカドのマリネなど、
スタート時はササっと出せる数品を♪


シュリンプフライ スパイシー香草ソース























この料理が、バロン・ド・ロスチャイルド・ブリュットと
とっても良い相性!
もともと海老などの甲殻類と相性が良いのですが
スパイシーな香草ソースともよかったみたい♪

ソースは、
香菜、パセリ、たまねぎ、にんにく、青唐辛子、レモン汁、
クミンパウダー、コリアンダーパウダー、
オリーブオイル、ヴィネガー、塩をただ混ぜるのみ。

アルゼンチンなど南米では一般的な
「チミチュリ」という名前のソース。
スパイシーでエキゾチックな風味が
香ばしい海老のフライとぴったり!
シャンパンが進む、良いおつまみでした♪


北海道産ムール貝のマリ二エール























愛知県の三河や三陸産のムール貝は
東京でも手に入りやすいですが、
北海道のムール貝はあまりお目にかかりません。

しかし・・・
これが大当たり!

モンサンミッシェルを思わせる小ぶりの貝の中に
しっかりと身が詰まって、風味も食べ応えも十分。
貝好きの夫が、
「モンサンミッシェルより美味しいかも。。。」
と呟いておりました。笑


もちろん、ワインは1本で済む訳もなく、
この後さらに泡1本、白2本からの赤!
と続くわけですが・・・笑

仲良しファミリーとの気のおけない夕食。
美味しい食材との出会いもあり、
最高のひと時でございました♪


        ☆エノテカ・ワインライフブログにお越しいただき、ありがとうございます☆




2015年10月15日木曜日

時間が無い日の夕食は…

夕飯時に家族が揃う日に
自分が一番帰宅が遅いと気が焦るもの。。。

そんな日の夕食。
ササッと出来て家族皆が好きなメニューが並びました。



























ムール貝の白ワイン蒸し

ムール貝というとヨーロッパの食材のイメージがありますが、
実は国産のものも意外と出回っているんですよね。
今の時期は三陸沖産がシーズン。
白ワイン蒸しは、5分で出来るのに
見栄えが豪華なのも嬉しい!笑




























イワシの香草パン粉焼き

イワシは買ってすぐ新鮮なうちに開いて下処理。
チーズと大葉を巻き込む所まで朝のうちに準備しておいて…
仕上げは香草パン粉とオリーブオイルを振りかけて
オーブンで焼くだけ。香草パン粉は時間がある時に作って
冷凍しておきます。























ラムロースのたたき

ラムは我が家の大好物♪
最も柔らかくてクセの無いロースの部位は
レアに焼き上げてアルミホイルで包んでしばらく寝かせ、
薄切りにしてたたきで頂きます。

塩とオリーブオイルのみでも美味しいですが、
この日はバルサミコ酢も加えて。
にんにくとスライスオニオンを巻いて頂きます。


魚介類をおつまみに辛口の白ワインを1本空けたあと、
ラムロースはやはり赤ということで…!

ワインが進む夕食となりました♪


       ☆エノテカ・ワインライフブログにお越しいただき、ありがとうございます☆










2015年10月2日金曜日

スパークリングに合う!おつまみ2種

「美食の秋」「食欲の秋」とはよく言ったもので、
秋の食材売り場には、食指が動く魅力的な
ものが溢れていますよね!

子供の頃はきのこが興味なかったのに…
いや、逆にあまり好きではなかったかも!?

でも、今ではきのこは秋に食べたいもの
トップ3に入る食材です^^



























本日のきのこ
カナダ産の松茸、舞茸、たもぎだけ。



























パルミジャーノの衣で揚げるフリット。生ハムとともに。

衣は、パルミジャーノチーズとベーキングパウダー、
強力粉を炭酸水で溶いた衣で。
香りと食感の良い衣です。

フリットを生ハムでくるりと巻いて頂きます。

生ハムの塩気が味を引き締め、
きのこの香りが全体をふんわり包み込む…

スパークリングにピッタリのおつまみフリットです。


もう一品は、「2種の生湯葉ロール」



























ひとつは、「蟹の身、アボカド、貝割れ、パクチー」
もうひとつは、「スモーク帆立、アボカド、貝割れ、大葉」

おこのみでわさび醤油、ライム&スイートチリソースで。


ただただ巻くだけという、簡単おつまみですが…笑
実はシートの生湯葉って結構お役立ち食材。

生春巻きの皮ってちょっと扱いにくい…
と思っている私。
代わりに我が家では栄養も豊富な生湯葉で
クルクルっとすることが多いのです。

大豆の風味もあって、生春巻きとは違った美味しさも
ありますしね^^


今日の2品は、いずれもスパークリングワインに
ピッタリ合いますよ♪
















エノテカ・オンラインでは、お料理から相性の良いワインを
選べるチャートをご用意しています。
ぜひご覧になってみてくださいね!


▼食事に合わせて楽しむワイン


 
     ☆エノテカ・ワインライフブログにお越しいただき、ありがとうございます☆










2015年9月26日土曜日

フランス土産のハーブ頂きました♪

先日、南フランスのローヌとプロヴァンスに
行かれていた方から、嬉しい嬉しいお土産を頂きました♪



























南フランス地方のお料理で使われるハーブミックス
「エルブ・ド・プロヴァンス」。

このハーブミックスがあると、煮込みやソテー、
魚や肉料理のソースなど、色々なお料理に使えて、
しかも簡単に「プロヴァンス風」が再現出来て
とっても便利なので、私は必ず常備しています。

そんなハーブをくださるなんて!
お好みを熟知してくださっています^^♪



























麻袋がパンパンになるほどの量。
当分の間、これでプロヴァンス料理を満喫です♪


オリーブオイルやにんにくと同じくらい
ハーブを多く使うプロヴァンス地方では、古くから庭に
自生しているさまざまなハーブを摘んで乾燥させ、
その家独自のミックスハーブを常備していたそうです。

ブレンドにこれといって決まりがないので、
販売されているものはメーカーごとに配合が異なるんですよね。



























今回頂いたものは、バジル、ローズマリー、
セージ、タイム、マジョラムがブレンドされているよう。



























頂いた初日は、香りをダイレクトに楽しめるよう、
海老フライの衣に混ぜ込みました。

揚げているそばから香しい香りが漂って、
それだけでも幸せ!

キリッと冷えた白ワインとともに、揚げたてをつまみ食いしながら、
次回はどんなお料理に使おうかしら~…と
考えを巡らせるのも、また楽しいものです。


乾燥した地域であり、太陽の光が豊かに降り注ぐ
プロヴァンスでは、ハーブが多く自生していますが、
同じように、その土壌は素晴らしいワインも生み出します。

プロヴァンスのハーブを使ったお料理には、
同じプロヴァンス産の白ワインと楽しみたいですね♪





    












「ブラン・ド・ブラン・クロ・ミレイユ / ドメーヌ・オット★」




         ☆エノテカ・ワインライフブログにお越しいただき、ありがとうございます☆










2015年9月19日土曜日

生が美味しい♪鰹のたたき&ピーマン

秋と言えば、鰹の美味しいシーズン。

いつからか我が家のお気に入りの食べ方に、
「鰹のたたき 生ピーマン乗せ」
というレシピが加わりました。



























鰹はさっとあぶってたたきにしたら、
にんにく、玉ねぎスライスを乗せて
刻んだピーマンをどっさり!
ポン酢で頂きます。

写真用にちょっと控えめですが、
撮影が終われば、鰹を覆い隠すほど
どっさりと乗せます。笑

さっぱりとした初夏のかつおに爽やかなピーマンも良いですが、
脂の乗り切った戻りガツオにピーマンを合わせると、
脂のクセが消えてそれはそれで美味しいんですよね♪

我が家の娘はピーマン好き!しかも「生」がお好き・・・
娘の前に出すと速攻無くなる、危険な一皿です。。。


一般的に鰹には、繊細なピノ・ノワールや
香りにピーマンのような共通項がある軽めの赤ワインが
相性が良いですが、相手を選ばない万能な
シャンパーニュも、もちろん良いですね。

この日の1本はコチラ↓

















ルイ・ロデレール ブリュット・プルミエ


鰹の美味しいシーズンに、お試しください♪



        ☆エノテカ・ワインライフブログをお越し頂き、ありがとうございます☆



2015年9月12日土曜日

新酒解禁を待ちながら・・・

空気にほのかな秋の匂いを感じると、
新酒の時期ももう近いな・・・と感じますね。

今年のブドウの出来栄えは・・・?
と、毎年楽しみなものです。

夫とそんな話題になった日の夜、
昨年、2014年のボジョレー・ヌーヴォーを
開けてみることに。
























「ボジョレー・ヴィラージュ・ヌーヴォー ラ・グランド・キュヴェ」

フランスの老舗レストラン、タイユヴァンが毎年
セレクションしているヌーヴォーの中でも、
樹齢50年という古樹から造られるスペシャルキュヴェです。

立派な木箱に入り、ロウキャップに覆われたヌーヴォー。
堂々たる存在感を放つグランド・キュヴェは、
その辺のボジョレー・ヌーヴォーとはいでたちからして
違うのです。。

特筆すべきはその色。素晴らしく鮮やかなマゼンタで、
透明感と輝きがあります。

 























ガメイ特有の清新な果実味に満ちていながら、
どこまでも滑らかでエレガント。
1年の熟成を経て、風格すら感じる仕上がりになっています。

新酒といえば、リリース直後に楽しむのが醍醐味ですが、
このキュヴェは熟成させてこそ実力を発揮する気が致します。
⇒ちなみに2015年も販売しています。詳しくはコチラ からどうぞ。

リッチなボディは、お肉料理と合わせても負けない存在感です。
この日は、ニュージーランド産アンガス牛と
岩手県白金豚のグリルとともに。
























今年のボジョレー・ヌーヴォー解禁は11月19日(木)!
飲みたい銘柄をチェックしながら、リリースを心待ちにいたしましょう♪


    ☆エノテカ・ワインライフブログにお越しいただき、ありがとうございます☆