2014年9月30日火曜日

蓬莱柿(ほうらいし)という名のイチジクです

野菜なのか…
はたまた、果物なのか…

子供の頃は、その「不思議さ」ゆえに苦手としていた
食べ物、いちじく。

大人になった今は、得も言われぬ妖艶な香りと
ネットリ感の虜になっているいちじくのシーズンが、
今年も到来しました。


生ハムには必ずフルーツを添えたい私ですが、
今の時期には、いちじくがお気に入りです。

この日は、青山の紀ノ国屋で9月後半になると
店頭に並ぶ、島根の多伎いちじく。

蓬莱柿(ほうらいし)という希少品種だそうです。



























とても赤味の濃い果肉の色。

それこそ、ねっとり感の極みとも言えるような食感と
濃厚な甘さ。干しいちじくを思わせるかのようです。

夫にしてみれば、
「これは生ハムに合わせるにはもったいない」
そう。

そもそも、生ハムにフルーツを添えるのは、
塩気を和らげ水けを添える補完的な役割だそうですが、

そのフルーツが存在感抜群の甘さと濃厚さとあっては、
口の中がまるでお祭り騒ぎのよう…!
そんな感じでしょうか。笑


アミューズのもう一品は、旬のサンマを使った
ブルスケッタです。




























サンマは、アニサキスによる食中毒が取りざたされて
からというもの、生サンマのお刺身は手に入らなく
なりました。

生食するには、一旦冷凍すると良いそうですが、
お刺身ならではの醍醐味がなくなるような・・・
寂しい気もしますが、仕方ないですね。


この日のブルスケッタは・・・

サンマのお刺身とキュウリを5ミリ角にカット。
みょうがとエシャロットは薄切りに。
レモン汁、塩麹、オリーブオイルでマリネして
ほんのりにんにくの香りを移したバゲットに乗せます。
上に、ピンクペッパーと柚子の皮の千切りを散らしました。

これは、シャンパンにピッタリ!
簡単に出来る、和洋ミックスのおつまみです♪

シャンパンは、定番ルイ・ロデレールのブリュット・プルミエで。


そして、その後には、メイン料理に合わせて
シャルロパンのブルゴーニュ・ブランに続き・・・




























美味しいものいっぱいの秋は、ワインも進みます!
ご馳走様でした♪


      ☆エノテカ・ワインライフブログにお越し頂き、ありがとうございます☆ 


0 件のコメント:

コメントを投稿