2014年9月30日火曜日

蓬莱柿(ほうらいし)という名のイチジクです

野菜なのか…
はたまた、果物なのか…

子供の頃は、その「不思議さ」ゆえに苦手としていた
食べ物、いちじく。

大人になった今は、得も言われぬ妖艶な香りと
ネットリ感の虜になっているいちじくのシーズンが、
今年も到来しました。


生ハムには必ずフルーツを添えたい私ですが、
今の時期には、いちじくがお気に入りです。

この日は、青山の紀ノ国屋で9月後半になると
店頭に並ぶ、島根の多伎いちじく。

蓬莱柿(ほうらいし)という希少品種だそうです。



























とても赤味の濃い果肉の色。

それこそ、ねっとり感の極みとも言えるような食感と
濃厚な甘さ。干しいちじくを思わせるかのようです。

夫にしてみれば、
「これは生ハムに合わせるにはもったいない」
そう。

そもそも、生ハムにフルーツを添えるのは、
塩気を和らげ水けを添える補完的な役割だそうですが、

そのフルーツが存在感抜群の甘さと濃厚さとあっては、
口の中がまるでお祭り騒ぎのよう…!
そんな感じでしょうか。笑


アミューズのもう一品は、旬のサンマを使った
ブルスケッタです。




























サンマは、アニサキスによる食中毒が取りざたされて
からというもの、生サンマのお刺身は手に入らなく
なりました。

生食するには、一旦冷凍すると良いそうですが、
お刺身ならではの醍醐味がなくなるような・・・
寂しい気もしますが、仕方ないですね。


この日のブルスケッタは・・・

サンマのお刺身とキュウリを5ミリ角にカット。
みょうがとエシャロットは薄切りに。
レモン汁、塩麹、オリーブオイルでマリネして
ほんのりにんにくの香りを移したバゲットに乗せます。
上に、ピンクペッパーと柚子の皮の千切りを散らしました。

これは、シャンパンにピッタリ!
簡単に出来る、和洋ミックスのおつまみです♪

シャンパンは、定番ルイ・ロデレールのブリュット・プルミエで。


そして、その後には、メイン料理に合わせて
シャルロパンのブルゴーニュ・ブランに続き・・・




























美味しいものいっぱいの秋は、ワインも進みます!
ご馳走様でした♪


      ☆エノテカ・ワインライフブログにお越し頂き、ありがとうございます☆ 


2014年9月22日月曜日

お散歩からの贅沢ランチ@丸の内 THE LOUNGE

1年で一番快適な気候の季節は、と尋ねられたら、
まさに今です!そう答えたくなる、秋晴れの日。

程良い気温で湿度も低く、休日昼間のお散歩も、
いつまででも歩いていられそうな心地良さです。

銀座から丸の内までの散歩道。
ランチは私のお気に入り、
丸の内仲通りの「THE LOUNGE」に伺いました。


歩いて喉が渇いていたので、まずは
シャンパンをお願いしました。

すると、出てきたのはコチラ。



























「クリスタル 2006年」

喉の渇きを潤すには、少々贅沢過ぎますが・・・
柔らかくも純度が高い、クリスタルならではの味わい。
美味しいシャンパンに、言葉は不要ですね。


この日は少し遅い時間に伺ったからか、貸切状態。
広い窓から望む丸の内の景色を横目に、
のんびりと贅沢なひとときです。

シャンパンを頂きつつメニューを眺め、
この日はお魚のランチコースを頂くことにしました。


前菜「季節野菜とトマトジュレのテリーヌ レバームース」



























黒いお皿に野菜の彩りが美しく映えます。

ベビーリーフの中に、粘りを感じるものがあり、
尋ねるとオクラの新芽とのこと。
シャキシャキの食感の後にくるネバネバ。面白い♪

みずみずしい野菜の食感が残ったテリーヌと、
滑らかで濃厚なレバームース。
これはもう、シャンパンが進みます!


メイン「本日の鮮魚料理 シャンピニオンソース」



























メイン料理のお魚は、ほうぼうでした。

お魚の下には色鮮やかな枝豆やブロッコリーなど
グリーンの野菜がたっぷり隠れて。
お魚料理ながら、野菜もたっぷりと頂ける一皿。
フワッと繊細な口どけのシャンピニオンソースで
頂きます。美味!


ワインは、ロワールのパスカル・ジョリヴェ
「サンセール・エクセプション」

パスカル・ジョリヴェの最高キュヴェです。

ソーヴィニヨン・ブランらしいのびやかな酸と
ミネラルがありつつ、素晴らしい凝縮感と力強さ!
造られた美味しさではなく、ブドウそのものの
パワーを感じる、そんなワイン。
シャンピニオンのソースと素晴らしい相性です。


美味しいお料理とワインを、ごちそう様でした♪


 
       ☆エノテカ・ワインライフブログにお越し頂き、ありがとうございます☆

2014年9月10日水曜日

走りの松茸と名残の鱧を…

新秋の贅沢「走り松茸に名残り鱧」。
この2つの食材が出会うと、秋が来たなぁと感じます。

この日、我が家にきた松茸♪
鱧は…ちょっと見た目が生々しかったので、
画像はありません。^^;



























松茸については、日本人は他の国に類を見ない程
特別な思い入れがあると言われますね。

私としては、松茸自体と言うより、
「松茸に衣を付けてカラりと揚げたフライを
シャンパンと一緒に味わう!」
これが大好きで、シーズンになるとよく作るのです。


この日は、走りの松茸を名残の鱧とともに
フライに。



























ふんわりとした身をカラリとした衣で包んだ鱧、
香りをギュッと閉じ込めたジューシーな松茸。

お塩とスダチを絞っても美味しいですが、
松茸はウスターソースが捨てがたいのです。
香りが握手する感じで、合うんですよね~不思議。。

大人も子供も大好きなフライ。
この後さらに追加で揚げて、
アツアツをたっぷり頂きました。


この日の1本は、英国王室御用達のメゾン



























鱧と松茸のフライには、シャンパンが一番!
ですが、なんとなく久々にイギリスのスパークリングが
飲んでみたくなり・・・

ナイティンバーが造られるイギリスは、
ドーバー海峡を渡ればフランスまですぐ、という土地柄。
土壌はシャンパーニュ地方と同じと
言われているだけあり、質の高い味わいです。

もちろん、シャンパンでなくとも、
鱧と松茸フライとは、良き相性でした♪



     ☆エノテカ・ワインライフブログにお越し頂き、ありがとございます☆


2014年9月4日木曜日

栗とゴルゴンゾーラ、いちじくのパイ【旬の食材特集】

栗の季節になりましたね♪

実は8月20日頃、秋の特集の撮影用にと
探し求めていた時には、全く手に入らなかった栗。
(それはそうですよね…!笑)

この季節を待っていたのです。


栗と言うと、母が幼い頃から毎年造る渋皮煮を思い出す私。
父が黙々と鬼皮を剥き、母がツヤツヤの渋皮煮に
仕上げる、その行事が我が家の秋の恒例でした。

まだ幼い時分には、食感がモソモソしていまいち…
というのが栗に対しての素直な感想でしたが、
いまでは焼き栗をおつまみにお酒が飲める…!

私もオトナになった、ということでしょうか^^;


さて。
栗をワインに合う簡単おつまみにしたい!
そう思いたち、パイを焼きました。



























「栗とゴルゴンゾーラ、イチジクのパイ」

パイ生地を一度下焼きしておき、
蒸した栗とあめ色にじっくり炒めた玉ねぎを乗せて
パルミジャーノチーズ、ゴルゴンゾーラチーズを
散らし、オーブンへ。
こんがり焼きあがったら、フレッシュのいちじくを乗せて完成!

甘さとしょっぱさが絶妙、バターの香りが食欲をそそる…
これには、やっぱり赤ワインですね!
ワインの良いおつまみになります♪


パイ生地は、冷凍のものがあれば乗せて焼くだけで
簡単に出来上がるのも嬉しいポイント。

栗をワインに合うおつまみに、という時に
ぜひお試しください♪


▼栗のパイに合うワインは、こちらでご紹介しています。
http://www.enoteca.co.jp/item/list?_label=0K