2014年3月27日木曜日

食事とともに。懐の広いシャンパーニュ「ルネ・ジョフロワ」

今宵の1本…

シャンパーニュ、RM(レコルタン・マニピュラン)の造り手、
「ルネ・ジョフロワ」。

10年ほど前の出会い以来、パッとした派手さとは無縁の
滋味溢れる堅実なスタイルで、とても好きな造り手です。



ルネ・ジョフロワの拠点、シャンパーニュ地方のキュミエール村は、
抜群の日照量から凝縮感のあるブドウが収穫できる土地。
ピノ・ノワール、ピノ・ムニエなど優良な黒ブドウの産地です。

そんな恵まれたテロワールをバックボーンに、若き当主の並々ならぬ
こだわりを随所に感じることが出来るシャンパーニュ・・・

中でも「ニュアンス」は、お手頃な価格ながら、
ピノ・ノワールの持つふくよかで強い果実味と
穏やかで厚みのあるボディが程良いバランス。
お食事の最初から最後まで通せるシャンパーニュとして
オススメの1本かと思います。

  

本日はお寿司とともに。
主張し過ぎず、ふくよかでなボディが酢飯も好相性。

このシャンパーニュの懐の深さを改めて感じたひと時でした。



    ☆エノテカ・ワインライフブログにお越しいただき、ありがとうございます☆






2014年3月17日月曜日

ようやく季節到来です。@エノテカ六本木ヒルズ店

お昼に外で頂くシャンパンが何よりのご馳走。

そんな私の待ち遠しい季節が、
今年もようやく訪れようとしています。


























エノテカ六本木ヒルズ店のテラスにて。

ワインショップのお隣、けやき坂ベーカリーのクロワッサンサンドと
シャンパンで、今春初のお外ランチのひとときを楽しみました。


春本番が、待ち遠しいですね♪


    
      ☆エノテカ・ワインライフブログにお越しいただき、ありがとうございます☆

http://www.enoteca.co.jp/


2014年3月12日水曜日

「ヴェスビオ」で春のオトナパスタ♪

先日、代官山のイタリア食材専門店、イータリーで購入した
ショートパスタ、「ヴェスビオ」。

春の軽やかなパスタが食べたい気分の私。
早速、旬のホタルイカと、香り高い春野菜、セリを使って
軽やかな一皿に仕上げました。

























素材の持ち味を活かした、春のパスタ。

食欲を刺激するセリ独特の香りと、
ホタルイカの濃厚な美味しさ。

そして、隠し味には、ふきのとう・・・

鮮烈な香りとほのかな苦味。
辛口の白ワインが欲しくなる、ちょっとオトナのパスタです。
たとえば、北イタリアのこんな白ワインなんかと。
http://www.enoteca.co.jp/online-shop2/detail.php?shohincode=0445210523B2

パスタの作り方を簡単に…。
にんにくと赤唐辛子をオリーブオイルで香りを出し、
白ワイン、刻んだオリーブ、ケッパー、茹でてみじん切りにしたふきのとう、
アンチョビペーストを加えます。
ホタルイカを加え、パスタの茹で汁で味を調えて。
アルデンテに茹であがったパスタとセリの茎をみじん切りに
したものを加えたら、ソースを染み込ませるようにフライパンを揺すります。
仕上げにオリーブオイルを回しかけ、刻んだセリを散らして
ざっと混ぜれば完成です。


さて、今回使ったのは「ヴェスビオ」とう名のショートパスタ。
クルクル頭がご愛嬌ですよね♪

























「ヴェスビオ」とは、カンパーニャ州のナポリ湾岸にある
火山のことで、クルン!とした形は、その火山の形を
模しているそう。


五感で春を感じる、オトナパスタ。
ぜひお試しください♪

  
    ☆エノテカ・ワインライフブログにお越しいただき、ありがとうございます☆

2014年3月4日火曜日

イタリア食材のお買い物@EATALY代官山店

日差しに、すこ~し春の暖かさを感じるかな♪
そんなこと感じた休日のお昼。
軽装で代官山にお散歩に出かけました。

個性的なお店が多い代官山の街歩きを楽しんだ後は、
イタリア食材店、EATALY(イータリー)へ。

イタリア、トリノに本店がある日本最大のイタリア食材店、イータリー。
この日買い求めたのは、ストック分の食材あれこれ…。

























スープ用のミックスビーンズ、ROIのエキストラバージンオリーブオイル、
イタリアの魚醤、コラトゥーラ、ランブルスコワインのゼリー、などなど。

乾麺のパスタ2種は、そろそろ春っぽいパスタが食べたい気分、
と思い立ち、軽やかなソースに合うものをチョイス。

チーズコーナーでは、店員さん一押しのフレッシュチーズ!
そして、イタリアの料理雑誌まで・・・

やっぱりイータリーは楽しい♪
(代官山の本店は今年3月に閉店だそうで・・・残念です。)


さて。この日、店員さん一押しのチーズは、
今ちょうど食べ頃!という、「ラ・トゥール」。
アルプスの麓に広がるランゲの地で造られる、
牛、山羊、羊の3種のミルクを混ぜた、珍しいチーズです。

























牛乳のミルキーさと、山羊乳の香りとさわやかさ、
羊乳のコクが渾然一体となって、
美味しいハーモニーを生む、ラ・トゥール。

熟成しても、後味にフレッシュさが残るのは山羊乳ならではですが、
あの独特のにおいが苦手、という方にも、全体的にとてもマイルドで
食べやすいので、オススメのチーズかと思います。


食べごろのチーズを前に、我慢できない食いしん坊の夫と私。
「お昼からの贅沢飲みは、もはや避けられない!」と、
暗黙のうちに飲み支度です。笑

























ラ・トゥールは、そのまま頂いてももちろん美味しいですが、
はちみつやジャムなどとの相性もとても良いチーズです。

胡桃のカンパーニュにチーズと、この日イータリーで買った
ランブルスコワインのゼリーを乗せて。

イタリアの赤ワイン「ランブルスコ」のゼリーは、
ゼリーと言うよりは、ジャム。赤ワインの香りが絶妙です。
フレッシュでまろやかなラ・トゥールとは、「オススメ!」と言える、
かなり良い組み合わせ!
ロゼ・シャンパーニュが進みます♪

食べ頃のラ・トゥールに出会えた時は、ぜひお試しください♪


    ☆エノテカ・ワインライフブログにお越しいただき、ありがとうございます☆

http://www.enoteca.co.jp/