2013年9月5日木曜日

オレンジ風味の人参ラペと豚肉グリル♪

9月に入り、ようやく秋めいてきましたね。
ワインも、暑い時期のゴクゴクと喉を潤すものから、
じっくりと味わうものへと、楽しみ方も変わって来る頃。

昨日は、ブルゴーニュのシャルドネを、
豚肉グリルと人参ラペのレタス巻きとともに頂きました。

























フランスの家庭料理の人参ラペ。
さまざまなアレンジが楽しめる一品ですが、
ポイントはチーズグレーターで摩り下ろすことでしょうか。
ギザギザと不規則な断面が、味の染み込みを良くして、
ふんわりとした口当たりを生みます。

本日は、オレンジ果汁、レモン汁、にんにく、レーズン、クミン、
くるみオイルでお肉に合わせた香り豊かな味付けに。
オレンジが人参の味わいを引き出して爽やかな味わい。
エピスが引き締めて、飽きずに幾らでも食べれる味です。

豚肉には、クミン、チリパウダー、ガーリックなどのスパイスを
揉みこんでちょっとエキゾチックな味付けにして、
サッとグリルします。

二つを一緒にレタスで巻いて頂きますと、
爽やかな野菜とワイルドなお肉が口の中でマリアージュ!
白ワインともとても良く合います。





その昔、親から
「お肉の3倍野菜を食べなさい」
と言われたものですが・・・

幸い我が家はみんな野菜好き。
途中で人参のラペが足りなくなり、追加しながら
美味しく頂きました。

























本日のワイン、ルーロのブルゴーニュ・ブランは、
ほんのりと樽香が効いた華やかさと清々しさが両立するシャルドネ。

ほんのりスモーキーなニュアンスもあり、
白身のお肉のシンプルなグリルとは楽しめるでしょう。

普段飲みには十分な、素晴らしいワインです。


    ☆エノテカ・ワインライフブログにお越しいただき、ありがとうございます☆






0 件のコメント:

コメントを投稿