2013年5月28日火曜日

取れたて野菜で、お手軽ピザディナー♪

昨日は、日がな一日家族で畑仕事に精を出していた我が家。

お夕飯のメインは、娘たっての希望で、
自分たちで収穫したレタス、スナップエンドウ、新玉ねぎを頂く
「収穫祭」に決定です!


・・・とはいえ、メインはどうしましょう。

お料理をする時間も体力もない状態の昨夜は、
ご近所のピッツェリアのピザをお持ち帰りして、
お手軽ディナーに!

























ご近所のSAVOYさんで焼いて頂いた、
「マルゲリータ」と「マリナーラ」。

























塩気が強めのSAVOYさんのピザ。
焼き立てをお店で頂くと美味しいのですが、
冷めるとちょっと塩気が気になるかも・・・

「それなら野菜と一緒に!」ということで、
レタスと新玉ねぎを挟んで頂きました。


思い切ってたっぷり挟むと美味しい♪
ヘルシーなものを食べている気になります。
(ピザには変わりないんですが。笑)

野菜をメインにしたかった昨夜は、
「結果オーライだったかもしれないね~」
と、なんだかんだ言いながらも、楽しんだお夕飯でした。

























ワインは、熟したフルーツの香りに、ちょっとスパイシーな
ニュアンスもあるイタリアのバルベラ・ダルバ。

気軽なピザディナーにはピッタリでした♪



      ☆エノテカ・ワインライフブログにお越しいただき、ありがとうございます☆





2013年5月21日火曜日

ヒゲが命です・・・!

今年もこの季節がやって参りました♪

























とうもろこしを間引くこの時期だけ出回る、「ヤングコーン」。
フサフサの毛が愛らしいとうもろこしの赤ちゃんです。

(昨年ご紹介の記事はコチラ↓)
http://blog.enoteca.co.jp/2012/06/blog-post.html


























何はともあれ、皮付きのままじっくりグリルが一番!
「ヤングコーンは、濃厚で甘~いヒゲが命!」ですので、
ヒゲまで一本残らず頂きます。

そのままでも、おこのみでバーニャカウダのソースなどでも。
これとキリッと冷えた白ワインさえあれば、幸せなひと時♪

どんなご馳走にも変えられない、旬の味覚に感謝です。


     ☆エノテカ・ワインライフブログにお越し頂き、ありがとうございます☆







2013年5月16日木曜日

自家製スイチリ.!メカジキとブロッコリーのフリット

これからの時期美味しくなってくる「メカジキ(目梶木)」。
カジキは、カジキマグロと言ったりすることがありますが、
広くはスズキの仲間。実際マグロとは関係ないんですよね。

私がカジキと聞くとどうしても思い出してしまうのが、
ヘミングウェイの代表作、「老人と海」。

年老いた漁師に、数日間に渡り必至に釣られまいと
抵抗を見せる相手こそ、このメカジキ。その死闘の凄まじさが
圧倒的な描写で描かれており、多感な頃の私の記憶に
強烈に刻まれることに・・・。
(思い出したので、近々また読んでみましょう!)


前置きが長くなりましたが、昨日ナショナル麻布の
お魚コーナーで生の新鮮なメカジキを買い求めました。

ブロッコリーとともにさっくりとフリットにして、
エスニック風のソースで頂くことに。





















エスニックを作ることの多い我が家では、
スイートチリソースの出番も多く、
味の調整が自在の自家製が重宝します。

市販のものですと甘過ぎたり辛過ぎたり、味の調整も難しいのですが、
自家製なら自分好みになるのが良いですね。




















フリットには、スイートチリソースにマヨネーズを合わせた
チリマヨもまた美味♪ワインのお供にも最高です!


【スイートチリソースのレシピ】 
・にんにくのみじん切り 大2片
・赤唐辛子のみじん切り 4片
・砂糖 80g
・水 60cc
・酢 80cc
・ナンプラー 大匙2


水と砂糖を小鍋に入れて火にかけ、砂糖を溶かします。
にんにくと唐辛子を入れて5分沸かしてにんにくに火を通します。
酢を入れて再び沸いたら火を止めてナンプラーを入れます。
このレシピで作ると、辛みと酸味の利いたパンチのある味になります。

あとは、おこのみで調節してくださいね!



     ★エノテカ・ワインライフブログにお越しいただき、ありがとうございました★



2013年5月12日日曜日

サンドイッチと白ワインで休日ブランチ

風薫る5月の日曜日。
東京都心は、昨日一日の雨模様とは打って変わり、
シャツ一枚でも心地よい陽気です。

ゆっくり起き出し、ご近所の広場で
子供の一輪車の練習に付き合うことに。

大人はワインとサンドイッチで、お昼から飲みモードです♪

























ラトリエ・ロブションのサンドイッチ2種

「スモークサーモンとアボカドのサンドイッチ」
「パテ・ド・カンパーニュのサンドイッチ」
を分け合っていただきます。

























上品な酸と端正なボディのピュリニー・モンラッシェ。
今日のサンドイッチにはぴったりです。

皆様も、どうぞ良い週末を♪


             ☆エノテカ・ワインライフブログにお越しいただき、ありがとうございます☆



2013年5月5日日曜日

Organic wine & food 「喃喃」 @麻布十番

最近麻布十番商店街の入口近くに新しくオープンした
レストラン。

前を通るたびに、なんだかとっても素敵そう♪と気になっており、
早速お邪魔してきました。

























Organic wine & food 「喃喃」さん。
「自然派ワインとカジュアルフレンチ」がコンセプトのお店だそうです。

























半地下に降りていく隠れ家的なお店構え。
以前こちらの場所はインド料理屋さんだったのですが、
撤退されてからしばらくは空家でした。

改装工事が始まり、なんだかオシャレな雑貨屋さんでも
出来るのかしら?と思っていたところ、オープンしてみると
とてもかわいらしいレストランではないですか!


気の合うお友達と少人数の女子会・・・
なんていう時にはピッタリかも!と思い、
早速お友達と二人で初訪問です。
























4席ほどのカウンター席と、奥には3卓のテーブル席。
ナチュラルな木目調の家具や、アンティークものと思われる
調度品でセンス良くまとめられた店内は、ほっと一息つける、
オアシス的な空間です。

お写真を撮らせて頂きたい旨をお伝えすると、
「ぜひよろしくお願いします!」と、なんだかとっても
感じが良いではないですか!

お店の方の気持ち良い対応って、「出会えてよかった!」
と思えるほど、得した気持ちになりますね♪


今回は初めての訪問なので、いろいろこだわりなどを伺いつつ、
お店の方のおススメに従って注文しました。



白レバーのパテとカンパチのカルパッチョ。
パンの盛り合わせは全て自家製だそうです。

お料理は前菜700円~メインも1,000円台のものが多く、
場所柄を考えればお高くはない印象です。
























ワインは特にメニューを置いていらっしゃらないそうで、
その理由については
「取り扱うワインはどれも数が少ないオーガニックワインで、
メニューを作ってもすぐに変えなければならないので」
とのこと。

味わいの好みをお伝えすれば、おススメを何本か
お持ち頂けるそうです。

なんと!たくさん飲みたいという方には、自然派ワイン12種が
Free drinkになるメニューもご用意があるそうですよ!
魅力的ですね♪


























初夏の陽気も手伝って、この日はロゼをチョイス。

お店の方一押しの「You Are so lovely」
ロワールの自然派ロゼワインです。

グルナッシュ80%、シラー20%
すももやアンズのような甘酸っぱい香りと
じわっと広がるミネラル感。ラベルや名前の通り、
とってもチャーミングなワインでした。
























サービスの方だけでなく、シェフもとっても気さくな方!
お料理も、前菜からパスタまでどれも丁寧に作られたお味でした。


カウンター席に一人で座っても、きっとすごく楽しめる
お店だろうな~と。そんなことを想像できる、素敵なお店でした。

おススメです!
     


       ☆エノテカ・ワインライフブログにお越し頂き、ありがとうございました☆

2013年5月3日金曜日

フランチャコルタ・グラン・キュヴェ・ロゼ





最近お気に入りの1ショット。

フランチャコルタの名手、ベラヴィスタのオフィシャルFacebookに
アップされていた、彼らのプレステージライン、グラン・キュヴェ・ロゼ
プロモーション画像です。

イタリア人ならではの感性溢れる構図に、思わず目が釘付け!
ぜひこちらのブログでもご紹介したいと思いたちました。


日常生活のどこにでも当たり前にあふれている「色」というもの。
実は私たちひとりひとりの物の見方や感じ方に大きな影響を与えていると
言われます。

そして、そこで生まれる芸術はもちろん、人々のエネルギーや
文化を大きく左右する・・・

それは、ワインもまたしかり。

一切の言語の手前にある感覚を通して共鳴できる
“ 色彩 “という感覚が、このワインが美味しくないわけが無い!と
訴えてくる・・・そんな最高のショットでしょうか。


他にも美しい画像が多数アップされている彼らのfacebook、
機会があればぜひご覧ください♪
https://www.facebook.com/cantinaBellavista