2013年4月12日金曜日

掘り立て!筍のグリル ブルギニヨン風

筍が今、出盛りですね!

でもちょっと下処理がね・・・
面倒なのよね・・・

そんな心の声を知ってか、
いつも下茹でした筍をくださる親切な友人。
(昨年の筍はコチラ

今年もありがたく頂戴します☆


























掘りたてがいちばん美味しい筍。
掘ったそばからエグミが回るので、いただきもので
筍をもらった日には、もう大変!

いろんな予定をキャンセルして、お湯を沸かして、
何はともあれ下茹での準備!
一刻を争う、時間との勝負。笑

なので・・・
下茹でしたものを頂くだけで感謝感謝です。


今年の京都の筍、届いてすぐにお味見しましたが、
やはり、香りと風味が良く、美味しい♪

若竹煮、木の芽和え、天ぷらに筍ご飯…
どうお料理しても美味しい筍ですが、
ワインと合わせるなら、こんな豪快でシンプルな
グリルはいかがでしょう。


























「筍のグリル ブルギニヨン風」
先日のブルギニヨンバターがこちらでも活躍!

下茹でした筍に塩とサラダ油をまぶしてこんがりとグリルします。
フライパンで溶かしたブルギニヨンバターを回しかけて、完成!

焼いただけ、かけただけ、ですが、
下茹でした筍と仕込んであったブルギニヨンバターのお陰で
白ワインに合う、美味しいおつまみの完成です。



























ワインは、辛口でミネラルもたっぷりある白。
ロワールのプイィ・フュメなども良いですが、
日本産のピノ・ブラン、樫樽で丹念に熟成した
コチラ↓のワインも、ピタッと合いそうですね。








 
   

               






  
            ☆エノテカ・ワインライフブログにお越しいただき、ありがとうございます☆
 



0 件のコメント:

コメントを投稿