2013年3月1日金曜日

ロティサリーチキンランチ @広尾 プーレドール

今日からいよいよ3月。
厳しい寒さも、ようやく緩んで参りましたね。

身も縮こまるような冬は、ランチタイムにもなかなか
外に出掛けようという気持ちになりませんでしたが、
コートが必要ないくらいの暖かさになると、
ちょっと歩き回ってみようかな…という気持ちにもなってきます。


エノテカ本社のある広尾近辺は、大きなお店こそないものの、
地元の方々に愛される老舗や、小さな名店と言われるお店が
ひしめき合っている街。ランチの穴場を探すのも、意外と
楽しい街なのです。

中でも、「エノテカ社員を見かけない日は無い!」と専ら評判の!?
お店が、外苑西通り沿いのビル2階に昨年オープンした
「ロティサリーチキンと樽生ワイン」のお店「プーレドール」さんです。

























ランチタイムは、2ピースのロティサリーチキンに、
その日のデリ3種、パンかライスが選べて800円の
「ロティサリーチキンランチ」が主力のようです。

実は私、スタッフ間での評判は伺い知っていましたが、
この日が初訪でしたので、先ずは主力のメニューを頂くことに。


最初に出てくる日替わりデリは、ハムとポテトのサラダ、
ラタトゥイユ、菜の花とベーコンのマスタード和えでした。
(名前が違っていたらゴメンナサイ)



どれも丁寧に造られていて、程良いお味。
チキンへの期待も高まります。


そして、メインのチキンプレート登場・・・!!

























これは・・・結構なボリュームではありませんか!

しかも店員さん、笑顔で
「ライスはお替わり自由です♪」

・・・って。
いえ、そんな。
完食出来るかどうかも怪しいんですが・・・^^;


ローストポテトやサラダも付いて、女性には量が多めかも?!
と思いましたが、周囲は7割方女性のお客様。
皆さま力強く召し上がっています。笑


鶏肉は、ふんわりとやわらかい肉質の大山鶏。
ハーブの香りを効かせて専用のロティサリーマシンで
丸焼きにしているそうです。
























肉質にクセが無いので、このボリュームでも
食べ進めやすいかもしれませんね。

塩気と香りは割りとしっかり付いているので、
ワインが欲しくなります。

平日のランチタイムでしたが、周囲にはグラスワインを
お楽しみの方もチラホラと。・・・羨ましい!


ロティサリーチキンとともに、こちらの看板でもある、
「樽生ワイン」は、イタリアで樽詰めされた生ワインを
専用サーバーからサーブしてくださるとのこと。

おつまみにも、国産の無添加生ハムや国産チーズを
使ったお料理など、ワインに合う魅力的なラインナップ。

次回は夜に訪れてみよう!と思いながら、
お店を後にいたしました。

美味しいチキンで満腹♪
ご馳走様でした!


     ☆エノテカ・ワインライフブログにお越し頂き、ありがとうございます☆





 
 
   

0 件のコメント:

コメントを投稿