2013年3月28日木曜日

日本発!春のチーズ「さくら」

毎年、春の数カ月間だけ販売される
北海道新得町「共働学舎」さんのチーズ「さくら」。

数々のコンクールで金メダルを受賞し、
数年前に洞爺湖サミット晩さん会で出されて脚光を浴びた、
いまや日本を代表するチーズと言えるかもしれませんね。





















私は毎年、青山の紀ノ國屋さんで買い求めますが、
そちらのチーズ売り場でも、特にこの桜のシーズンになると、
入荷するそばから瞬く間に品薄になってゆくそうです。

ロックフォールやエポワス、ブリー・ド・モー・・・
世界の名立たるオリジナルチーズはもちろん素晴らしく
美味しいのですが、最近の日本産チーズの中には
日本の風土に合ったオリジナリティ豊かなものも多く、
その躍進は目覚ましいものを感じます。

























こちらの「さくら」、見た目は桜の塩漬けが乗り「和」の様相ですが、
その味わいもオリジナリティを感じる「和」そのもの!

周りの白カビのように見えるものは酵母だそうで、
それがほのかに麹のような香りを醸し出しています。
桜の葉に包まれているので、桜餅のような香りも!
フレッシュでホロっとほどけるような食感とほのかな酸味が、
「春のチーズ」ですね。

日本人の感性によって造られた、繊細で香り高い味わいと食感・・・
他のどの国のものと比べられない、印象深いチーズです。

























こちらのチーズには、ふんわりと優しい飲み口のワインと
合わせたいところ。フレッシュな白ワインも良いですが、
この季節、ロゼワインなどもオススメです。

写真は「クラレンドル・ロゼ・バイ・シャトー・オー・ブリオン」。
ボルドーの格付け1級、オー・ブリオンの血統を引く、
高貴なロゼワインです。

桜満開の今、まさに楽しみたいお上品な組み合わせです♪


     ☆エノテカ・ワインライフブログにお越し頂き、ありがとうございます☆ 











2013年3月23日土曜日

桜咲く♪ ただいま満開です!

今朝の東京の空は穏やかに晴れ渡り、
まさにお花見日和の週末です。

今朝の六本木ヒルズ「さくら坂」。
























一枝にたくさんの花が密集して付くソメイヨシノは、
やはり華やかですね。
























近所の公園で、一見梅かと思うような濃い色の
花を付けている樹を見かけて近寄ると、こちらも桜です。
濃いピンクと混じり合った花もあり、とても綺麗でした。
八重桜の一種でしょうか?

























細い枝にぼんぼりのように揺れる姿はまた、
ソメイヨシノの豪華さとは違って、愛らしいものです。


今日は全国的に穏やかな晴天に恵まれるようですね。
良いお花見、良い週末を♪





      ☆エノテカ・ワインライフブログにお越しいただき、ありがとうございます☆
 









2013年3月22日金曜日

桜前線&お花見ワイン♪

今年の桜前線は、どうも駆け足のようですね。

個人的には、冬が寒過ぎたからか、春の訪れから
桜の開花まであっという間に過ぎていく季節の歩みの早さに
ちょっと付いていけておりませんが・・・^^;


昨日は、家の近所に夜桜見物に出かけて参りました。
六本木さくら坂のソメイヨシノです。

























約400mの桜並木は8~9分咲きといったところでしょうか。

六本木ヒルズも今年10周年。
この桜並木も最初の頃からは見違えるように立派になりました。
壮麗な桜トンネルになる日も近いことでしょうね。楽しみです♪



























東京の桜の見頃は、3月30日頃までだそうです。
エノテカ・オンラインにもお花見にピッタリのロゼワインが
ちょうど入荷しておりますので、ぜひ一度のぞいてみてくださいね♪↓



      ☆エノテカ・ワインライフブログにお越し頂き、ありがとうございます☆

 

2013年3月21日木曜日

引越祝いパーティー @広尾イロンデル

先日、オフィス移転の引っ越し祝い会を行いました。

場所は、新オフィスすぐお隣のビル2階にあります
フレンチビストロ、「イロンデル」さんにて。

























店名の「イロンデル」とは、フランス語で「ツバメ」のこと。
エントランスの外壁一面には、色鮮やかなツバメが描かれています。

























ライトアップされた姿は初めて見ましたが、幻想的ですね。
店内は赤と黒でシックにまとめられており、壁に掛けられた
絵や写真とともに、フランス、パリを思わせる世界観が広がります。


この日は総勢23名でしたので、貸切させて頂きました。

カウンターにはこの日持ち込みさせて頂いたワイン、18本がズラリと!
通常でも、1本につき2,000円でお持ち込みが出来るそうですよ♪
























スパークリングワインで乾杯した後は、各々好きなワインを
グラスに注いで、宴会の始まりです!


























お料理は、カウンターに大皿で並べて頂きました。

先ずはシャルキュトリーの盛り合わせと、
サラダ仕立てのカツオのカルパッチョ。

泡好きの私は、やはりシャンパーニュから。
ロゼのシャンパーニュ「ノミネ・ルナール」を頂きました。
バランスが良くて優しい味わい、美味しいです!


この後、焼き立てのクリスピーなピッツァが出て、
ポテトのキッシュとアスパラ、ヤングコーンの盛り合わせ、
ローストビーフと続きました。

























個人的にこの日一番の驚きは、ヤングコーン!
毎年5月~6月、芽かきの短い時期にだけ流通する
ヤングコーンが、3月の今お目にかかれるとは!

ヤングコーンには目が無い私。
(過去にもコチラの記事でご紹介しました)

「このヒゲが甘くて美味しいんですよね~♪」
と、お店の方とひとしきりコーン談義に花を咲かせました。

























メインのローストビーフは、ワインが進みますね♪

もうこのあたりになると、皆席になど座っておらず、
カウンターの前で立ち飲み状態・・・

たくさん食べて、飲んで、喋って!
笑い声の絶えない楽しい時間でございました。


こちらの「イロンデル」さん、普段夜はご近所の方などで
賑やかに盛り上がるそうですよ。子供もOKとのことでしたので、
近日中に家族でも訪れてみようと思います。

丁寧に造られたボリュームたっぷりのお料理と、
驚くほどお手頃価格のワインリスト!美味しいもの好きの方には、
自信を持ってオススメ出来るお店です♪


    ☆エノテカ・ワインライフブログにお越し頂き、ありがとうございました☆
 

2013年3月19日火曜日

旬!ほたるいかのマリネ&ブルスケッタ

3月~4月に旬を迎えるホタルイカ。
柔らかくモチモチとした食感と甘みが好きで、
鮮度が良いものを見かけるとついつい手を伸ばしてしまう、
大好物の一品です。

その昔、富山で夜中のホタルイカ漁を見たことがあるのですが、
漆黒の闇に浮かび上がる無数の青白い光が、とっても幻想的でした。
この光の正体は、ホタルイカが危険を感じて発光するそうですね。
本物のホタルよりもかなり強い、エネルギーを感じる光です。


さて、そんなホタルイカ。酢味噌和えが一般的に知られていますが、
私は味噌の味が強い酢味噌和えよりも、マリネでさっぱりと
頂くのが好みです。

























「ホタルイカと菜の花、しば漬けの塩麹マリネ」

素材は限りなく「和」なのですが、オリーブオイル
でまとめると不思議と洋風に。シンプルながら
ワインに合う美味しいおつまみに仕上げました。


























今日のお疲れシャンパンは、ロゼにしました。
淡いピンクの色合いは、春の装いを感じますね。
芳醇なアロマと力強い味わいは、旬のホタルイカの濃厚な旨みに
絶妙にマッチします。


もう一品は、ブルスケッタで。

























トマトと玉ねぎのみじん切りにバジル、すりおろしにんにく、
アンチョヴィペースト、レモン汁、オリーブオイルを加えて
よく混ぜ、ホタルイカと和えます。

渋谷にお店を構える「ゴントラン・シェリエ」のイカ墨バゲットに
乗せて頂きます。香ばしいバゲットと、ホタルイカの甘みが
ボン・マリアージュ。

イカ墨を練り込んだ真っ黒な見た目はインパクト大、
味も非常に独創的なバゲットです。

ゴントラン・シェリエ」は今最もワクワクするパン屋さんのひとつ。
詳しくははまた記事にしたいと思っております♪



     ☆エノテカ・ワインライフブログにお越し頂き、ありがとうございます☆





2013年3月17日日曜日

桜開花宣言!「桜CUBE」@広尾SAWAMURA

今年の桜、東京では例年より早く3月16日に開花宣言が出ました。
予想外に早い宣言に、思わず近所の桜の様子を見に行ってしまった私です。





















六本木ヒルズさくら坂のソメイヨシノは、まだまだつぼみの状態でした。
ちょっと気の早い木が、ようやくちらほらと咲き始めたばかり、といった
感じでしょうか。

東京の満開は3月24日という予想ですので、
これからあわててお花見の計画、という方も多いことでしょうね。(・・・私もですが。)


桜の様子を見に出かけがてら、広尾のベーカリー&レストラン、
「SAWAMURA」に立ち寄りました。






















街中の至る所で桜カラーに彩られる今、
こちらのお店でも素敵な「桜」に出会いました。






















「桜CUBE」
ブリオッシュ生地の中にはしっとりと炊かれた大納言。
塩漬けの桜の葉がアクセント、とのこと。

それにしても、キューブ型のパンっって最近よく見かけるようになりましたね。
7~8年ほど前に、今はなきフレンチレストラン「カム・シャン・グリッペ」のオーナー、
淺野正己さんがプロデュースされた「デュヌ・ラルテ」で
最初に真四角のパンを目にしたときは、衝撃を受けたものでした。



こちらの「桜CUBE」のお味は、どこか懐かしく甘酸っぱい香り。
生地の甘さはごく控えめで、ほっこりと春を感じる一品でした。



「SAWAMURA広尾店」は、軽井沢の星野リゾートが本店の
ベーカリー&レストランですが、最近広尾にも出店されて、
個人的にとても重宝しているお店。こじんまりした店内には
焼きたてのパンの香りが溢れ、パン好きにはたまりません♪



















 



こちらの広尾店は、なんと朝7時OPEN。
焼きたてのパンが並ぶモーニングに始まり、
ランチ、ディナーまで休みなく営業されています。

2階はレストラン形式でパスタやグリル料理など、
本格的なお料理を頂くことができ、1階ではテイクアウト用のパンも
お茶やグラスワインなどとともに頂くことができます。

なかなか朝7時からOPENしているパン屋さんって無いもので、
ちょっと早く目覚めてしまった休日などに、お散歩がてら
伺うと、美味しいコーヒーと焼きたてのパンに出会えて、
それは幸せな朝を味わえるのです。

グラスシャンパンやワインも朝から気軽に楽しむことができるのも
ワイン好きには嬉しいことろ。休日は、まだ陽が高いうちから
パンをおつまみにゆるゆる飲むのも、また至福です。


これから迎える桜のシーズン、お散歩がてらに
お出かけになってみてはいかがでしょうか。


           
            ☆エノテか・ワインライフブログにお越しいただき、ありがとうございます☆


2013年3月14日木曜日

ホワイトデーの頂き物♪ 話題の"キューブカステラ"も!

3月14日、今日はホワイトデーですね。

一般的に、バレンタインデーにチョコレートなどを貰った男性が
そのお返しを贈る日、とされていますが、この習慣、日本で生まれた
ものなんですよね。欧米では見られない独特の習慣です。

さて、今日がそんな日ということをすっかり忘れていた
オンラインの女子スタッフを喜ばせる出来事が、朝から次々と・・・!

一日でこんなにもたくさんのお菓子を頂戴してしまいました。

























差し上げたチョコレートは一つだったはずなのに・・・
女性が圧倒的に多い部署だけに、男性方の出費は
大変なものでしょう。

一部の女子スタッフから、
「毎年得しちゃって、申し訳ない!」
なんて声も聞こえてきましたが。笑


何から頂こう・・・と嬉しくも悩ましいラインナップ。
トップバッターは、福砂屋の“キューブカステラ”に決定です♪


























「手のひらサイズのカラフルなBOXに1人前のカステラとフォークをつめた」
という、斬新でかわいいパッケージ。

私も贈り物に使うことも多いのですが、
知らない方への贈れば、「これは何?」という感じで
オドロキを与えることができますし、お味はさすが老舗の
カステラ屋さんだけに、信頼のおける上品なお味です。

中身はベーシックなカステラですが、パッケージを変えれば
与える印象もガラリと変わる。昔ながらのものでも
デザイン次第でいくらでも生まれ変われるという秀逸な例ですね。


余談ですが・・・
今回は仕事中ということでお茶と一緒に頂きましたが、
カステラにマディラ酒をタラ~っとひとたらしすると
サヴァランのようになって絶品なんです♪

ポート酒でも良いのですが、マディラの強いコクと酸化香に
軍配、という感じでしょうか。


みなさまも、素敵なホワイトデーを♪


      ☆エノテカ・ワインライフブログにお越し頂き、ありがとうございました☆




2013年3月9日土曜日

サラダランチ@丸の内THE LOUNGE

貴重な一人の休日となった一昨日。
友人の陶芸の個展を見る為に丸の内に出掛けました。

せっかくなので、エノテカ丸の内店にもちょっと立ち寄り、
お隣のTHE LOUNGE でランチを頂くことに。



















これからの時期、お天気の良い休日ともなると、
道行く人が次々と店内に吸い込まれていくTHE LOUNGE。

新緑のシーズンが待ち遠しいものです。


この日は、サラダランチ(1,470円)をチョイス。
まずは、前菜のカリフラワーの温かいスープ。

























グラスの白ワインをお願いすると、
パスカル・ジョリヴェの「サンセール・ソヴァージュ」
を出してくださいました。

ただ繊細なだけでは終わらない、とても緻密に造り上げられた
美味しいソーヴィニヨン・ブラン。
この後のサラダとの相性はもちろん、温かいスープとも
良いペアリングを見せてくれる、厚みのある果実味と
余韻の長さは、さすが「ソーヴィニヨン・ブランの魔術師」と
言われる所以でしょう。


そして、メインのサラダは
「15種類の有機野菜・ベーコン・落とし卵のサラダ”サラダ・コンプレ」

























ボリュームたっぷりの野菜の中に、
ポーチドエッグが隠れています。

薄くて大きい野菜などもあって適度に食べにくいのは
計算でしょうか・・・!?(途中、手で食べましたけれども。笑)


普段溜めてしまっているメールの返信などをしつつ、
ゆっくりと1時間ほどかけて、1杯のワインと
たっぷりのサラダを頂きました。

体にも心にも栄養と休息が染み渡る、至福の休日。
ご馳走様でした♪


     ☆エノテカ・ワインライフブログにお越しいただき、ありがとうございました☆










2013年3月5日火曜日

手巻き寿司で雛祭りディナー

3月3日は「桃の節句」でしたね。

女の子がいる我が家では、「健やかに、可愛らしく育ちますように」
との願いを込めたお祭りは、やはり毎年欠かすことができません。

我が家には代々受け継いできた5段のひな飾りがあることはあるのですが、
あいにく手狭なマンション住まい。大掛かりなお飾りは私の実家にお任せして、
毎年小さなお雛様とお内裏様だけを飾り付けます。


この日は夫も早いお帰り、とりあえず乾杯のシャンパンを開けて、
家族水入らずでお祝いです。





























ディナーは娘ご希望の手巻き寿司です。

昨年のご希望は地味に「湯豆腐」でしたが・・・
今年は「手巻き寿司」!

空気が読める子になったわね!と思ったのもつかの間、
ご希望のネタは「梅と納豆とアボカド」だそうです。

相変わらず、ちょっとピントがずれています。笑





























本日のネタは明治屋さんで仕入れました。

メインは、北海道産のウニ。
見るからに質の良い箱ウニが、お安く手に入りました。


手巻き寿司といえど、すぐにお寿司とはいかない飲兵衛夫婦。
まずはおつまみにお魚と野菜をたっぷりと。
好き好きに味を付けて頂きます。






























本日のアボカドは、「オイルカド」という名前で売られていました。
どうやら、通常のアボカドよりも木に成っている時間を長くした事で
「森のバター」の由縁でもあるオイル分を高めた物、とのことのようです。
たしかに、ねっとりとキメ細かく、美味しいアボカドでした。

そして、本日のウニ。





























おろしたてのわさびとともに、お塩で頂きます。
味をつけなくとも、十分に甘くていしいウニとシャンパンで
ウニシャンです♪



余談ですが・・・

この日、シャンパンの次に空けたアブルッツォのトレッビアーノ・ダブルッツォ、
一口飲んでまさに「梅干し!」という印象の1本でした。
テロワールを感じるしょっぱさと酸っぱさが、なんとも言えず梅干し。
実際ねり梅ときゅうりを海苔で巻いて食べると、ほのかな青っぽさや
ミネラル感ともに「マリアージュ!」といった感じです。

同じくアブルッツォの赤ワイン、モンテプルチアーノにおいても
梅干しのニュアンスを感じさせるワインも多く、お土地柄を感じます。
夫と何度も顔を見合わせて、「ここまでとは、面白いね!」と言い合いました。
個性的なワインでしたが、結果的に今日の手巻き寿司には
結果オーライといったところでしょうか。

さて、早いところお雛様をしまわないといけませんね。
「お雛さまを早く片付けないとお嫁に行き遅れますよ」
母の声が聞こえてきそうです・・・



         ☆エノテカ・ワインライフブログにお越しいただき、ありがとうございました☆








2013年3月1日金曜日

ロティサリーチキンランチ @広尾 プーレドール

今日からいよいよ3月。
厳しい寒さも、ようやく緩んで参りましたね。

身も縮こまるような冬は、ランチタイムにもなかなか
外に出掛けようという気持ちになりませんでしたが、
コートが必要ないくらいの暖かさになると、
ちょっと歩き回ってみようかな…という気持ちにもなってきます。


エノテカ本社のある広尾近辺は、大きなお店こそないものの、
地元の方々に愛される老舗や、小さな名店と言われるお店が
ひしめき合っている街。ランチの穴場を探すのも、意外と
楽しい街なのです。

中でも、「エノテカ社員を見かけない日は無い!」と専ら評判の!?
お店が、外苑西通り沿いのビル2階に昨年オープンした
「ロティサリーチキンと樽生ワイン」のお店「プーレドール」さんです。

























ランチタイムは、2ピースのロティサリーチキンに、
その日のデリ3種、パンかライスが選べて800円の
「ロティサリーチキンランチ」が主力のようです。

実は私、スタッフ間での評判は伺い知っていましたが、
この日が初訪でしたので、先ずは主力のメニューを頂くことに。


最初に出てくる日替わりデリは、ハムとポテトのサラダ、
ラタトゥイユ、菜の花とベーコンのマスタード和えでした。
(名前が違っていたらゴメンナサイ)



どれも丁寧に造られていて、程良いお味。
チキンへの期待も高まります。


そして、メインのチキンプレート登場・・・!!

























これは・・・結構なボリュームではありませんか!

しかも店員さん、笑顔で
「ライスはお替わり自由です♪」

・・・って。
いえ、そんな。
完食出来るかどうかも怪しいんですが・・・^^;


ローストポテトやサラダも付いて、女性には量が多めかも?!
と思いましたが、周囲は7割方女性のお客様。
皆さま力強く召し上がっています。笑


鶏肉は、ふんわりとやわらかい肉質の大山鶏。
ハーブの香りを効かせて専用のロティサリーマシンで
丸焼きにしているそうです。
























肉質にクセが無いので、このボリュームでも
食べ進めやすいかもしれませんね。

塩気と香りは割りとしっかり付いているので、
ワインが欲しくなります。

平日のランチタイムでしたが、周囲にはグラスワインを
お楽しみの方もチラホラと。・・・羨ましい!


ロティサリーチキンとともに、こちらの看板でもある、
「樽生ワイン」は、イタリアで樽詰めされた生ワインを
専用サーバーからサーブしてくださるとのこと。

おつまみにも、国産の無添加生ハムや国産チーズを
使ったお料理など、ワインに合う魅力的なラインナップ。

次回は夜に訪れてみよう!と思いながら、
お店を後にいたしました。

美味しいチキンで満腹♪
ご馳走様でした!


     ☆エノテカ・ワインライフブログにお越し頂き、ありがとうございます☆