2013年2月22日金曜日

ハーフサイズシャンパンで乾杯♪

昨夜、たくさんのワインを携えて夫が帰宅いたしました。

「飲んでみて」
とのことでしたが、全て赤ワイン・・・

何はともあれ最初の一杯は泡が欲しい私。
でも、時は深夜で、しかもその後のことを考えると、
いくら泡ラヴァーとはいえフルボトルを開けるには
ちょっと弱腰になります。

そこで、冷蔵庫に大切に冷やしてあったハーフボトルを
開けることにいたしました。

























ルイ・ロデレール・ブリュット・プルミエ
グラフィカルアートが美しい、限定パッケージです。

おつまみは冷蔵庫のあり物で。
赤ワインでほんのりと香り付けをしてあるという、
優しい風味の「ワインサラミ」と、レンズ豆とツナのサラダ、
ラ ブティック ドゥ ジョエル・ロブションのバゲットです。


























実はこの日のシャンパン、昨年末に社内の方から
一年の労を労うお言葉とともに頂いた、大切な1本でした。

ハーフサイズは少し大きめのシャンパングラスですと、ちょうど2杯分。
夫と二人「どちらがたくさん飲んだか」で言い合いになることもなく(笑)
ハーフサイズのシャンパンは本当に重宝します。


ちなみに・・・

夫は、スライスしたバゲットにたっぷりの発酵バターと
サラミを乗せ、「旨い!シャンパンには最高!」
と言っておりました。

太りそうなので、私は遠慮しますが・・・


美味しいシャンパンを、ありがとうございました。


      ☆エノテカ・ワインライフ・ブログにお越し頂き、ありがとうございます☆


 




2013年2月20日水曜日

チーズ煎餅作りに夢中!のホームパーティー

先週末は、友人家族をお招きして
ホームパーティーでした。

























乾杯は、春の木漏れ日を思わせるような・・・
ベラヴィスタのフランチャコルタ、キュヴェ・ブリュットです。

軽やかで柔らかい泡と、ふくよかに広がる味わいが、
寒い冬のピリッと緊張した体をほぐしてくれるよう。

癒される泡に春の木漏れ日の温かみを重ねつつ、乾杯です♪

前菜は「帆立とチコリ、スプラウトのカルパッチョ仕立て」
スパークリングワインに良く合います!

























本日のメインは、以前にもブログでご紹介した、
「ホットプレートで作るフォンデュ」でしたが、
肝心の写真を撮り忘れました・・・

子供たちは、フォンデュというよりは、ホットプレートに
チーズソースを薄く広げて焼く、
名付けて「チーズせんべい」作りに夢中!

「猫が出来た♪」
とは、可愛いい友人の娘さん。

























チーズは、エメンタール、グリュイエール、
ゴルゴンゾーラ、パルミジャーノの4種類のチーズを
使っており、濃厚な風味がワインにもピッタリです。

「おつまみにぴったりだわ~」と言うと、
せっせと作ってくれる子供たちです。

ありがたく頂戴しました、ご馳走様です♪


      ☆エノテカ・ワインライフブログにお越し頂き、ありがとうございました☆




 








2013年2月8日金曜日

NEW!銀座店【カフェ&バー エノテカ・ミレ】ランチレポート

本日11時、エノテカの新しいショップ
【ワインショップ・エノテカ 銀座店  カフェ&バー エノテカ・ミレ】
OPENいたしました。



ワインショップのオープニングセールには、前日の夜から
お並び頂いていたお客様もいらっしゃったとか。
このお寒い中、本当にありがとうございます!


さて、新しい銀座店の特徴は、何と言ってもカフェ&バースペース。
ワインショップからのボトルお持ち込みはもちろんですが、
ランチタイムにはセットメニューもご用意しております。

























セットメニューは4種類。

A.海老カツサンドイッチランチ
B.パスタランチ ジェノベーゼ
C.パスタランチ カルボナーラ
D.ローストビーフのサラダランチ(スープ・トースト付き)

いずれも、サラダ、ドリンクが付いて1,050円です。
ドリンクはコーヒー、紅茶だけでなくオレンジジュース、ジンジャーエールも
選ぶことができます。


こちらが海老カツサンドイッチランチ。

























パンはパリッとトーストされており、香ばしさが際立ちます。
別添えでタルタルソースとタプナードが付くので、
味を変えて楽しむことも出来るとのこと。

実際タプナードを付けると、より白ワインが欲しくなる
お味になりますね。休日でしたら、迷わずグラスワインを
注文するところです・・・


こちらがパスタランチ ジェノベーゼ。

























上に乗っているのは黒オリーブです。
グラスワインは、その日お休みだった同僚が別に
注文したコチラの白ワインです。

「飲みやすい!休日のランチにピッタリ♪」
と、嬉しそうに飲んでおりました。

(私は仕事中のため、オレンジジュースで我慢です・・・)


今回は窓際のテーブル席で頂きましたが、奥にはソファー席も。

























シックなボルドー色のソファーは実に座り心地が良く、
(一番奥のこちらのお席で、休日の午後に
本を片手にのんびりワインでも楽しめたら幸せ♪)

そんな想像が膨らむばかりですが・・・
こちらはぜひ、近日中に実行してみたいと思っております。

ワイン1杯でも大歓迎、というカフェ&バー エノテカ・ミレ。

皆さまも銀座にいらっしゃる機会がございましたら、
フラリと立ち寄ってみてはいかがでしょうか。


      ☆エノテカ・ワインライフブログにお越し頂き、ありがとうございます☆





2013年2月7日木曜日

2月8日OPEN 【ワインショップ・エノテカ 銀座店  カフェ&バー エノテカ・ミレ】

大人にならないと面白くない街、
大人になってからは面白さが溢れる街、
銀座。

そんな特別な街、銀座に2013年2月8日、
【ワインショップ・エノテカ 銀座店  カフェ&バー エノテカ・ミレ】
がOPENいたします。

松坂屋銀座店からほど近く。
メインストリートの喧噪から 1本路地を入ったビルの2階に
エノテカの新ショップとして歴史をスタートさせる
ワインショップ・エノテカ 銀座店  カフェ&バー エノテカ・ミレに、
オープンより一足前に取材へと行って参りました。
























1階のジュエリーショップ脇にある、小さなガラス扉を押して
店内に足を踏み入れると、アンティーク調のデザインが美しい
螺旋階段が出迎えてくれます。

ジュエリーショップの煌めきを横目に見ながら
この階上に広がっているであろう空間を想像すると、
否が応でも胸が高鳴ります。
























中ほどの踊り場からは店内、カフェ&バースペースの
様子を伺い知ることが出来ます。
























ここまででも、銀座という街の特別な雰囲気を
十分に感じさせてくれる店内。

階段を登り切って一歩振り返ると・・・
























壁一面、歴代シャトー・ムートンのマグナムボトルの
ディスプレイが圧巻!

ブログでは遠目ですみません、実物は是非ご来店時に
ご覧くださいね。

2階の入口正面には、テーブル22席、カウンター7席を有する
カフェ&バースペース。窓からは銀座の裏通りを
眺めることが出来ます。







































そして、カウンター席から右手には世界各国1,000種類の
ラインナップを揃えたワインショップへと続きます。


























店名にもある「ミレ」とは、数字の1,000を意味し、
ショップに揃う約1,000 種類のワインを併設のカフェ&バースペースに
お持ち込みいただき、お食事と一緒に楽しんでいただけるという
新しいコンセプトのショップ。

ショップからの持ち込み料は1本1,050円で、
ワインに合うおつまみやお料理とともにお楽しみ頂けます。

要するに「ワインショップがお客様のワインリスト」
という訳。これは、選ぶ時間も楽しみのうち、というワイン好きには
嬉しいシステムですよね♪




















銀座に明日、その新たな歴史をスタートさせる
【ワインショップ・エノテカ 銀座店  カフェ&バー エノテカ・ミレ】

熟練のスタッフが、ワイン選びからバーでのひと時まで、
上質なワインライフをきめ細やかに演出いたします。

是非ご期待くださいませ。

















  
          ~カフェ&バー エノテカ・ミレのランチレポートに続く・・・~

 
       ☆エノテカ・ワインライフブログにお越し頂き、ありがとうございます☆



 


2013年2月1日金曜日

旬の食材 「根菜 × 柔らかな果実味の赤ワイン」

先週の日曜日、青山の国連大学前で開催されている
ファーマーズ・マーケットに向かいました。

今は根菜類のハイシーズンということで、
全国津々浦々から出店されている野菜のブースには、
色とりどりの根菜類がお目見えしています。



こちらは、毎週奈良から有機野菜をお持ちくださっている喜六さん。

在来種の珍しいお野菜などもあり、野菜自体の風味も力強くて
美味しいので、お気に入りのお店です。

























実際お野菜を育てている生産者でもあるお兄様に、

「今回は撮影用の根菜を探しているんですよ」

とお話すると、

「じゃあ、これがベッピンさんやな!」

と、お墨付きの海老芋の親芋、黒大根、赤カブ、人参、新牛蒡を
選んでくださいました。

ちょっとおまけまでして頂き、ありがとうございました♪


無事に揃った根菜たちを前にして、
いざ、ワインのおつまみを!

今回は、エノテカ・オンライン「旬の食材特集」
「柔らかな果実味のある赤ワインに合う根菜のおつまみ」
というテーマで考えてみました。





















左:海老芋の和風タプナード
中:5種の根菜と塩麹のラタトゥイユ
右:牛蒡とレンコンのキャラメリゼ カルダモンの香り

●海老芋の和風タプナードは、蒸した海老芋を、黒オリーブペースト、
 アンチョビ、にんにく、オリーブオイル、味噌をブレンダーにかけて
 ペースト状にした、ちょっぴり和風のタプナードソースで和えます。
 味噌の隠し味が海老芋の柔らかい風味に合います。

 オリーブペーーストに味噌を加えたタプナードは、お肉やお魚料理にも
 アレンジが効く便利な調味料です。しっとりとした果実味のある赤ワインと
 合わせたいおつまみですね。

●根菜と塩麹のラタトゥイユには、今回牛蒡、レンコン、人参、
 紅芋、大根を使いました。香りの牛蒡、食感のレンコンはマストですが、
 お好みの野菜でどうぞ。にんにくとオリーブオイルでじっくりと根菜を炒めたら、
 トマト缶と塩麹登場。塩麹は素材の旨みを引き出し、料理の味に
 奥行きを持たせる魔法の調味料。塩気を確認しながら加えましょう。

 この塩麹にトマトという組み合わせは、トマトの酸味が塩麹で中和されて
 自然な甘みが出るので、結構使える組合せです。

 実は、根菜で作るラタトゥイユが大好きな私。
 それは、なんといっても食感の楽しさにあります。
 シャキシャキ、コリコリ、ほっくり、口の中で様々な食感が踊ります。

 チャーミングで豊かな果実味がある、ミディアムボディの赤ワインと 
 合わせて、陽気に楽しみましょう♪

●牛蒡とレンコンのキャラメリゼは、バルサミコ酢、はちみつ、バターを
 小鍋に入れて火にかけます。素揚げした牛蒡とレンコンを鍋に入れて、
 絡めるように加熱します。ソースがとろりと纏わりつくようになれば
 出来上がり。アツアツに潰した黒コショウとカルダモンをお好みの量かけて頂きます。

 甘みのあるソースを、ピリッとした黒コショウと爽やかなカルダモンで
 引き締めた、オトナのおつまみです。黒コショウは多めが好みです。 
 これが、果実の甘いニュアンスがある、樽の効いた赤ワインにピッタリです。


その日は根菜尽くしの食卓となった我が家でしたが、 
食感や香りもそれぞれ個性豊かなのが根菜の良いところ。
ワインとの相性の話にも花が咲きました。

今が旬の根菜、ワインに合わせて一工夫して
楽しみたいものですね♪




                ☆エノテカ・ワインライフブログにお越し頂き、ありがとうございました☆