2013年1月8日火曜日

Risotto di "NANAKUSA" ~春の七草リゾット~

1月7日は「人日の節句」でしたね。

「七草粥を食べる日」として知られる日。
私が育った田舎は、野原に行けば簡単に七草が手に入っていました。

生い茂る雑草の中から食べられる草を見つけ出す知識は、
誰に教わるともなく身に付いていたような気がします。

そんな光景は今は昔のことでしょうか・・・
いつ頃からかスーパーなどでは七草セットが売られるようになりました。

小さいパックの中にぽっちりと野菜のミニチュアが並んでいて、
その割合に決して安くはありません・・・

それではと、今年は

 「芹 薺 御行 繁縷 仏の座 菘 蘿蔔 これぞ七種」

を覚えた娘とともに、七草を買い求めました。

























七草の風習や、その種類は地域によって違いもあるようですが、
『1月6日の夜に厄を払うお唱えをしながら七草をたたき、たたいた七草を
入れたお粥を炊いて、翌日の朝に神様に供えてから家族で食べ、
その年一年の無病息災を祈るもの』とされます。


そんな平安古来からの厳粛な風習ではありますが、
朝お粥を炊くって一仕事・・・。食事のタイミングもなかなか
揃わない我が家では、夕飯時にゆっくりと頂くことにしています。

・・・とはいえ、お粥です。
ワインとはちょっと微妙・・・

という訳で、我が家のお決まりは「七草リゾット」です。


























イタリアではお米は野菜料理の位置付けですが、
そこは日本人、しっかりメインのボリュームで頂きます♪

お米は日本のコシヒカリを使い、隠し味に白味噌、
仕上げには振り柚子で、どことなく和の要素も取り入れたリゾットです。

日本米で作る時は、お米を洗わないことはもちろん、
最初にお米に透明感が出るまでしっかりオイルで炒めて
表面をコーティングすること、そしてなるべく混ぜないことで
リゾット専用のお米でなくとも十分美味しいアルデンテに
仕上げることが出来ます。



そしてこの日のワインは、今年1月1日より
エノテカに新しく仲間入りしましたイタリアのブランド
「アンティノリ」の白ワインを頂きました。

イタリア全土にまたがって広くワインビジネスを展開する
名門中の名門貴族アンティノリ家が、本拠地トスカーナの地を離れ、
「長靴の踵」プーリア州で手掛けるシャルドネが、こちらの
「ピエトラ・ビアンカ」です。

























ピエトラ・ビアンカとは“白い小石”の意味。

ほのかな樽香、上品なヴァニラの芳香とともに
リンゴや白桃などの熟した果実や蜂蜜のニュアンスが
感じられる、リッチで余韻の長いワインです。

さすがアンティノリ、一流のエレガンスが漂う正統派スタイルは
今も尚健在といったところでしょうか。

ワインのクリーミーさと相まって、リゾットにもピタリとはまる
1本でした。


どうか今年も一年、健康でありますように☆



     ☆エノテカ・ワインライフブログにお越しいただき、ありがとうございます☆








0 件のコメント:

コメントを投稿