2012年9月14日金曜日

ジャーマンポテト・・・ですか!?

9月に入っても、尚暑い日が続きますね。

小さい子供はだんだんと体力を消耗しているようで、
昨日は娘が高熱を出してしまいました。

風邪のときはやっぱりお粥でしょう、と思いましたら、

「ポテトが食べたい」

・・・

病人なのに随分こってり、ですね。
でも、食べられるだけ良いでしょう!




























娘が言うポテトとは、ジャーマンポテトのことでした。
我が家ではこのような形になります。


ところで、ジャーマンポテトの定義とは

「ゆでたじゃがいもを適当な大きさに切り、
バター・オリーブオイルなどで炒め、かりっと炒めた
ベーコンと玉ねぎを加えて、塩・こしょうで味つけしたもの」

とのことだそうですが、

我が家のはというと・・・

じゃがいもは生のまま千切りにし、生姜とにんにくのみじん切りを
油で加熱して香りを出したら、ベーコンとじゃがいもを投入して
塩胡椒をしてサッと炒め合わせ、シャキッと仕上げます。
たっぷりの黒胡椒とパルミジャーノをかけて頂きます。

ずいぶんと定義とは離れておりますが、私が子供の頃から
慣れ親しんだジャーマンポテトです。


じゃがいものでんぷん質が今一つ得意でなかった子供の頃、
このシャキシャキとした食感が大好物でした。

大人になった今では、ワインの良いアテに。
スパークリングワインや、ロワールのヴーヴレ、
イタリアのソアヴェなど、爽やかな白ワインの
良いおつまみになります。


ちなみに、娘はジャーマンポテトが効いたのか!?
今朝にはすっかり回復しておりました。

時節柄、皆様もどうぞご自愛くださいませ。











0 件のコメント:

コメントを投稿