2012年8月28日火曜日

マニキュアフィンガーというブドウです!

秋の果物が出回るシーズンになりましたね。

先日、お友達ご家族が我が家に遊びに来てくださった際に、
山梨産の美味しいブドウをお手土産にくださいました。



























初めて見る色合いと形にビックリです。

お高そうな化粧箱に入っていたのですが、
品種の名前が書いていませんでした。
後で聞いた気がするのですが・・・失念。

先程調べると、どうやら欧州種の「マニキュアフィンガー」という
名前らしいことがわかりました。



























確かに!指そっくりの粒先が赤紫に染まっている様子が
「マニキュアフィンガー」の名前の由来、という訳ですね。

プリッとして艶々です!

このブドウは、皮が薄く身とピッタリくっついているので、
皮ごと頂くそうです。種もないので、とても食べやすいブドウです。
身は透明に輝き、渋みがなくさっぱりとして、とてもお上品な味わいです。


このブドウを頂いていて、ふと思いました。

「皮が厚くて味が濃くて(甘みも酸味も)種が大きい」
のが特徴のワイン用のブドウと正反対だなあと。

世界各国で栽培され、その種類は数百種とも言われるブドウ。
味も姿もそれぞれですね。

美味しいブドウを、ご馳走さまでした♪










0 件のコメント:

コメントを投稿