2012年7月10日火曜日

夏のロゼワインと焼き枝豆!

このところ、朝の出勤時から日傘が手放せないほど、
すっかり夏の日差しになっている東京都心です。

暑い季節、日本の食卓ににたびたび登場するのが、「枝豆」ですよね。






















我が家も「豆食い」の夫と娘は、枝豆が食卓に登場する日は、
とにかくお皿が空になるまで黙々と食べ続けます。


その日も当然のように「いつもの」枝豆が出てくると思っていた夫に
私が差し出したのは焼き枝豆とボルドーロゼ「ル・ロゼ・ド・ジスクール」です。




























この焼き枝豆、莢ごとただ焼くだけなのですが、
塩茹でと違い、豆が蒸されることで旨みが凝縮して、
とても美味しいのです!焼く方法もオーブン、鍋、トースター、
何でも良いところも気軽に楽しめる魅力です。

「今年は、焼き枝豆とロゼワインがオススメ♪」

という訳で、私のオススメの作り方を簡単にご説明しますね。


枝豆を莢ごとフライパンでじっくりと焼いていきます。
片面3~4分ずつでだいたい綺麗な焼き目が付いたら
ほんの少しの水を入れて火を消し、蓋をして軽く蒸します。

水分が飛んだらオリーブオイルを一回しして、
「美味しい塩」で味を付けてください。
オススメはトリュフ塩。トリュフ香りは豆との相性も良く、
香ばしい焼き枝豆とトリュフの香りが広がり、絶品です!

削ったパルミジャーノと一緒に頂けば、
ワインの良いおつまみになります。

合わせるワインは、辛口タイプのロゼがオススメです。
肩ひじはらず、気軽に楽しめるのが魅力のロゼワインを
キリッと冷やして、召し上がれ♪


この夏は「ロゼワインと焼き枝豆」で、夏のワインライフを
楽しみましょう!


エノテカ・オンライン 旬の食材特集7月 「ロゼワイン」×「枝豆」はコチラ
http://www.enoteca.co.jp/online-shop2/list.php?special=IS



0 件のコメント:

コメントを投稿