2012年5月2日水曜日

美味!京都洛西産の朝堀りたけのこ

今、たけのこが最盛期を迎えていますね。

京都洛西産の朝堀りのたけのこを茹がいて頂きました。
洛西のたけのこは白い肌が美しく、風味と香りが絶品でなので、
毎年シーズンになると届けて頂きます。



























なぜこれほどまでに違うのか調べてみると、
まずは柔らかい粘土質がたけのこの生育に適しているという点。
生産者が土づくりからこだわって丁寧に育てている点。
何度も竹藪の草を刈ったり肥料をやったり・・・
そして、収穫時には地面に出る前に掘り出すなどなど、
たけのこに対しての愛を感じる徹底ぶりです。

土づくりにこだわる、というあたり、ワインメーカーの
ブドウ造りにも共通しますね。
やはり、農産物にとって土は命ということでしょう。



























食べ切れない量だったので、友人をお招きして
食べながら、飲みながらのお料理です。

まずはグリルで香ばしく焼いて、生ハムと一緒に頂きます。
木の芽を刻んでマヨネーズと合わせたものを用意して、
お好みで付けて頂きます。

生ハムとたけのこ、素晴らしい組合せで、ワインが
進みます♪



























さっぱりとしたマリネも白ワインのおともに。
たけのこを角切りにして、そら豆とタコと一緒
塩、白ワインビネガー、オリーブオイル、はちみつ少々の
マリネ液で和えてしっかりと冷やし、仕上げにミントを散らします。

他にも春巻きやリゾットなども作りましたが、そのころには
すっかりワインも良い感じになっており、写真を撮ることが
できませんでした・・・!

お料理しだいで爽やかな白ワインにも、しっかりした赤ワインにも
合う風味豊かなたけのこ。旬の今、たっぷりと楽しみたいですね。



0 件のコメント:

コメントを投稿