2012年4月20日金曜日

真鯛の白子の香草パン粉焼き

昨日、天然もののお魚を揃えているスーパーで、
鮮度の良い真鯛の白子が並んでおりました。

白子といえばフグや鱈を思い浮かべる方も多いかもしれませんが、
鯛の白子は上品で透明感のある味で、産卵前の今ならではの、
旬のご馳走です。


























赤ワインを頂く予定の昨日は、香草パン粉焼きにしました。

さっと熱湯で下茹でしてから、食べやすいサイズに切り、
塩・こしょう、小麦粉をまぶしてバターで焼いていきます。
生のままでもカット出来ますが、一度下茹でした方が
綺麗に仕上がります。

8分通り火が通ったら、耐熱皿に移して香草パン粉を
たっぷりと乗せ、トースターで焼き目を付けます。
香草パン粉は、パン粉とにんにく、イタリアンパセリ、
ローズマリーをフードプロセッサーで細かくして、
オリーブオイルでしっとりとさせておきます。



トマトソースと蒸した春キャベツと一緒に頂けば、
サンジョベーゼなどの軽やかな赤ワインが良く合う、
季節のご馳走です。

ソースをブールブランやレモンバターソースにすると
ムルソーなどリッチな白ワインにも合いますので、
白子が手に入った時にはお試しください♪

今宵もご馳走さまでした。





0 件のコメント:

コメントを投稿