2012年2月2日木曜日

『ウォッシュチーズの王様』 エポワス

ブルゴーニュワインを空けるときには、
こちらのブルゴーニュ産チーズを用意します。 
























葡萄の絞りかすから蒸留した、ブルゴーニュの地酒、
「マール」と塩水で表面を洗いながら熟成させていく、
ウォッシュタイプのチーズ、「エポワス」。

若いうちはチーズの表面は白く、香りもあっさりしていますが、
マールの濃度を上げて何度も洗って行くうちにオレンジ色に。
出荷される頃には艶々と輝く陶器のような(うらやましい!)
お肌になり、香りもより一層強くなります。

この日のエポワスは、しっかり熟成が進み、
スプーンですくえる程でした。

























フランスでは「神様の御御足」の香り、
イギリスでは「豚の足の指の間」・・・!?

香りの表現はそれぞれですが、フランスの超有名美食家が
「ウォッシュチーズの王様」とまで称した逸品は、
ミルクの風味が濃厚でもっちり!
強い香りに反して、中はとてもマイルドな味わいです。
これぞ、王者の貫録ですね。

エポワスにはやはりブルゴーニュの赤ワインがお約束。
寒い寒い冬の夜、美味しいワインとチーズで
ゆ~るりと暖まりました。

ごちそうさまでした。



0 件のコメント:

コメントを投稿