2012年1月6日金曜日

ガレット・デ・ロワ(JOUVAUD)


毎年1月6日はエピファニーの祝日。
キリスト生誕の際に東方から3人の王様がベツレヘムを訪れ、
キリストを神の子として見出したエピファニー(公現祭)に
ちなんで、「王様のお菓子」という名の
『ガレット・デ・ロワ)』を皆で食べるイベントです。

フランスでは、このイベントがないと一年が始まらないと
言われるほどだそうですよ。






















広尾JOUVAUDのガレット・デ・ロワ


ガレットの中には、小さなフェーヴ(そら豆の意味)が
一つ、入っています。昔は本当の豆を入れたそうですが、
今では陶器製や金属性の飾りがフェーヴとして使われています。






















こちらが広尾JOUVAUDのガレット・ド・ロワに付いている
可愛らしいフェーヴたち。この中から一つを選びます。

さて、肝心のイベント・・・
切り分けたケーキの中からフェーヴを見事食べ当てた人は、
王冠を授けられ、その日1日王様または女王に!
そしてその幸運は1年続くとも言われています。

フランス好きのエノテカ・オンライン店長の小池は、
毎年ご夫婦でこのイベントを行うんだとか。
決めるのは「一年間の主導権」だそうですよ。
それは大ごとです・・・!


果たして今年はどちらが勝利するのでしょうか!?



0 件のコメント:

コメントを投稿