2012年1月13日金曜日

レバノンワイン「IXSIR」

昨年11月よりお取り扱いしておりますニューフェイス、
中近東レバノンの「IXSIR(イクシール)」























本日は、ワイナリーの社長始め関係者の方々に
エノテカ本社にお越し頂き、テイスティングセミナー
が行われました。

レバノンの長いワイン造りの歴史について、
最新鋭「エコフレンドリー」なワイナリーの建物について、
そして・・・

イクシール最大の投資家であり、レバノンにルーツを持つ
カルロス・ゴーン氏との出会いについて、
貴重なお話をお伺いできました。






















本日テイスティングしたワイン4種類。
フレッシュでキレの良い爽快な飲み口で、
和食やエスニック始め、お料理を選ばずに
活躍してくれそうな印象です。






















そして、注目すべきはバックラベル。
わざと剥がしやすい大きさのシールを
オリジナルで造り、貼っているそうです。

そこにはワイン名とともに、ワイナリーの
WEBアドレスも記載されています。
自分たちのワイナリーを、そしてワインを
覚えてもらいたい!という願いが、
その「剥がしやすさ」に込められているんですね。






















今後もレバノンワイン、イクシールに注目です♪



0 件のコメント:

コメントを投稿