2011年12月22日木曜日

ワインに合う!ケーク・サレ

子供が寝込み、家を出ることが出来なかった先日は
大掃除がとても捗りました。

こんな日は、自分も動きつつ同時にオーブンにも
お仕事をしていただきましょう。



「サーモンとほうれん草・チーズのケーク・サレ」
ケーク・サレとは、フランス生まれの家庭料理の一つで、
直訳すると「塩味のケーキ」という意味です。























愛用のフランス「MATFER」社の焼き型。
焼きあがりの角がキュッと引き締まって、
凛凛しい立ち上がりです。



ケーク・サレは、甘みが無いのでワインにとても合います。
それに、粉と具材を混ぜ合わせて焼くだけなので、
味のバリエーションは無限大、美味で簡単なワインのお供に、
おすすめです。

あっさりとした具材の場合は、香ばしさと繊細さを併せ持つ
タイユヴァンの「グランド・セレクション・ブリュット」
などのシャンパーニュと。

ベーコンやチーズ、中でもブルーチーズなど
旨みの強い具材を使う場合には、樽のニュアンスと
適度なボリューム感があるスペインワイン、
「アルト・ラス・ピサラス」なども良いですね。

日常のおつまみに気軽に作れるケーク・サレ、
いかがでしょうか。



0 件のコメント:

コメントを投稿