2011年12月26日月曜日

サーモンのムニエル ケッパーソース

全国的に大変冷え込んでいるここ数日です。

寒い日の夜は湯豆腐でもと思っていると、
娘の夕飯リクエストは
「サーモンを焼いたの」でした・・・。

はい、お作りしますよ。



























「サーモンのムニエル ケッパーソース」
サーモンは、ノルウェー産のアトランティックサーモンです。
流通するほとんどが養殖ものだけに、品質が安定して
味も良いノルウェー産がお気に入りです。























焼く際には、バターが焼き始めから焼き終わりまで
常にムース状の状態を保っていることがポイントです。
泡がなくなってくると、フライパンの温度が上がり過ぎと
いう目安です。フライパンからバターをすくって
身にかけながら、じっくりと焼いていきます。

我が家の幼稚園児は、この筒切り一切れを、
「全部いいの?食べていいの?」
と言いながら、完食でした。

大人は、白ワインと一緒に。
焦がしバターソースの場合は、ブルゴーニュの芳醇シャルドネの
ムルソーや、プイィ・フュイッセなどが合いますが、ケッパーの
酸味が加わると、イタリアのトレッビアーノなど爽やかさも
あるワインが合ってきますね。

                                



0 件のコメント:

コメントを投稿