2011年12月29日木曜日

書籍にご紹介頂きました!

この度、エノテカ・オンラインのメールマガジンが
こちらの書籍の一部に取り上げられました。

























「中小企業が強いブランド力を持つ経営 酒井光雄著」


販売における付加価値づくりの好例ということで、 
エノテカ・オンラインのメールマガジンを
ご紹介頂いております。

以前著者の酒井氏に偶然広尾本店でお会いする
機会がありました。その際に、
「今度メールマガジンのことを本に書くから」
とおっしゃってくださっていた言葉を思い出し、
感激した私、メルママです。


分厚くて難しいブランド戦略の本なのですが・・・
私も勉強の為に読破したいと思います。

このように見て下さっている方がいらっしゃると思うと、
日々勉強ですね。ありがとうございます。

                                 

2011年12月28日水曜日

マグナムボトルが売れてます!

今朝の日経新聞記事に
「大容量サイズのビールやワインの売れ行きが好調」
とありました。自家用だけでなく、ギフトとしても
人気とか。エノテカ・オンラインでもビッグボトル、
確かにご注文が増えています。

親戚やお友達が集まる機会の多い年末年始、
最近の家飲みブームも後押ししているのでしょうか。



























ル・オーメドック・ド・ジスクール


右が750mlの通常サイズ
左がその倍、1,500mのマグナムサイズです。
1,500mlと言うと、グラスに14~15杯程。

我が家では、大人数が集まってワイワイ飲む時には、
よくマグナムサイズを用意します。

見た目からして「パーティー感」がありますし、
のん兵衛たちをお迎えする側としては、
ワインを空ける回数がちょっとでも減りますので、
自分もゆっくり頂ける、という訳です・・・!

パーティーにマグナム、おすすめです♪
                              

2011年12月26日月曜日

サーモンのムニエル ケッパーソース

全国的に大変冷え込んでいるここ数日です。

寒い日の夜は湯豆腐でもと思っていると、
娘の夕飯リクエストは
「サーモンを焼いたの」でした・・・。

はい、お作りしますよ。



























「サーモンのムニエル ケッパーソース」
サーモンは、ノルウェー産のアトランティックサーモンです。
流通するほとんどが養殖ものだけに、品質が安定して
味も良いノルウェー産がお気に入りです。























焼く際には、バターが焼き始めから焼き終わりまで
常にムース状の状態を保っていることがポイントです。
泡がなくなってくると、フライパンの温度が上がり過ぎと
いう目安です。フライパンからバターをすくって
身にかけながら、じっくりと焼いていきます。

我が家の幼稚園児は、この筒切り一切れを、
「全部いいの?食べていいの?」
と言いながら、完食でした。

大人は、白ワインと一緒に。
焦がしバターソースの場合は、ブルゴーニュの芳醇シャルドネの
ムルソーや、プイィ・フュイッセなどが合いますが、ケッパーの
酸味が加わると、イタリアのトレッビアーノなど爽やかさも
あるワインが合ってきますね。

                                



エノテカ丸の内店

先日、我が家のお散歩コースの定番、
丸の内に出向きました。

丸の内仲通りは、美しい石畳の道と綺麗な並木で、
雰囲気のある街並みです。

再開発により、いまや都内でも指折りのブランドショップが
並ぶ街へと変貌を遂げましたが、同時にオフィス街ならではの
凛とした清々しい空気が流れ、お散歩をするだけでも
とても気持ちの良い街なのです。



雲行きが怪しく、写真が暗いのが残念ですが・・・
こちらは今丸の内で一番新しい「丸の内パークビルディング 」。























中庭は吹き抜けになっており、訪れた時は、
クリスマスツリーをイメージした花のオブジェが飾られていました。



丸の内パークビルディングの斜めお向かいの富士ビル。            
1階には「エノテカ丸の内店」がございます。

隣接するレストラン「ザ・ラウンジ」には、丸の内店でご購入頂いた
ワインを1,575円で持ち込めることから、ウィークデイは
周辺企業の方々、週末は観光客の方々で賑わいます。

「ザ・ラウンジ」もとても素晴らしいお店なので、
また別の機会に詳しくご紹介いたしますね。























爽やかスマイルのスタッフ、杉田さん。

丸の内散歩の休憩は、「エノテカ丸の内店」で。
ワインショップでワインを買ったらお隣の「ザ・ラウンジ」
お持ち込みして・・・乾杯!

最高の休日ですね。



2011年12月24日土曜日

ショコラ・パパ・ノエル

今日はいよいよイブですね。
皆様、どこでどんなクリスマスをお迎えでしょうか。

今日はワインの話ではありませんが・・・と
お断りしつつ、とっておきの一軒をご紹介いたします。

























エノテカ本社にもほど近い、恵比寿の住宅街にあります
チョコレートと焼き菓子のお店、「ショコラ・パパ・ノエル」さん。
クリスマスのお菓子を買い求めに来ました。

オーナーマダムは、ご自宅の1階部分を改装して
ショップにされています。
お菓子の製作から販売まで全ておひとりで
こなしていらっしゃるので、営業日は月に数日だけ、
という知る人ぞ知るお店です。
























クリスマスらしく、立体サンタの大きなチョコレートがお出迎え。
全てヴァローナ社のクーベルチュールをお使いです。
より立体的にするために、型に入れるだけでなく、
刷毛で一つ一つ塗って仕上げていくそうです。
「チョコレートをやりたくてやりたくて!」とキラキラ輝く
満面の笑みでお話くださいました。

























こちらは来年の干支、ドラゴンです。
わざわざイギリスから型を取り寄せたとか。
今にも飛び立ちそうなリアルなドラゴンが素敵です。

年が明けたら、バレンタインというイベントも控えていますね。
バレンタインといえば!チョコレートとのマリアージュを
考えて造られたワイン、「ミニ・モーリー」も入荷予定です。

だいぶ気が早いですが、すでにバレンタインの
チョコレートはこちらでと決めさせていただきました。
                                                                                     

2011年12月23日金曜日

クワトロ・サクラでクリスマス

いよいよ明日はクリスマスですね。

昨日、いつものようにスーパーにお買い物に行くと、
「フランス産エスカルゴの試食を行っておりま~す♪」
と、店内中に良い香りを振りまいているではありませんか。

入り口の最前面には我らが「クワトロ・サクラ」が。
そしてワインの隣には小豆島産のオリーブの新漬けも
入荷していました。蟹やエビが豊富に並ぶのも、
今の時期ならではですね。


次々と買いたいものをカゴに入れていくと、
ワインのおつまみばかりになりました・・・



























「蟹とアボカドのサラダ コリアンダーの香り」

包容力のある味わいの「クワトロ・サクラ」は、
相性が難しい蟹ともよく合います。
蟹特有の甘みをしっかり受け止めて、持ち味を殺すことなく
うまくまとめてくれます。なかなか優秀!





























フランス産のエスカルゴは、オーブンで焼くだけの
ものですが、臭みもなくとても美味でした。
焼く前にパン粉を振っておくと、旨みをパン粉が
吸い取ってくれますので、欠かせないひと手間です。

美味しいお総菜でワインを頂いて、楽をさせて頂きました。
主婦にとっては嬉しいクリスマスプレゼントです。

皆様も、どうぞ良いクリスマスを。

2011年12月22日木曜日

ワインに合う!ケーク・サレ

子供が寝込み、家を出ることが出来なかった先日は
大掃除がとても捗りました。

こんな日は、自分も動きつつ同時にオーブンにも
お仕事をしていただきましょう。



「サーモンとほうれん草・チーズのケーク・サレ」
ケーク・サレとは、フランス生まれの家庭料理の一つで、
直訳すると「塩味のケーキ」という意味です。























愛用のフランス「MATFER」社の焼き型。
焼きあがりの角がキュッと引き締まって、
凛凛しい立ち上がりです。



ケーク・サレは、甘みが無いのでワインにとても合います。
それに、粉と具材を混ぜ合わせて焼くだけなので、
味のバリエーションは無限大、美味で簡単なワインのお供に、
おすすめです。

あっさりとした具材の場合は、香ばしさと繊細さを併せ持つ
タイユヴァンの「グランド・セレクション・ブリュット」
などのシャンパーニュと。

ベーコンやチーズ、中でもブルーチーズなど
旨みの強い具材を使う場合には、樽のニュアンスと
適度なボリューム感があるスペインワイン、
「アルト・ラス・ピサラス」なども良いですね。

日常のおつまみに気軽に作れるケーク・サレ、
いかがでしょうか。



2011年12月19日月曜日

豚スペアリブのブレゼ マーマレードと紅茶の香り

先日のホームパーティーのメイン料理です。

























豚スペアリブのブレゼ マーマレードと紅茶の香り


なんて・・・
名前を付けるとしたらそんな感じでしょうか。
とても簡単ですので、作り方をご紹介しますね。

塩をして1時間程下茹でし、脂を抜いた豚スペアリブを
フライパンで焼き色を付けるように焼きます。
煮込み鍋に移して、まず白ワインを入れて煮詰め、
次に白ワインビネガーを入れて同じく煮詰めます。

ペコロスを加え、水を少しと味のポイントマーマレード、醤油、
香りのポイント紅茶とタイム、ローリエを一緒に
入れて蓋をして煮込みます。

水分が煮詰まり、トロリとなったら、仕上げに
塩・胡椒で味を調えて完成です。


このお料理は、豚肉の脂をしっかり抜くことと、
ビネガーの酸味を足すことで、とてもさっぱり頂けます。
厚手のホーロー鍋で作れば、少しの水分で
蒸し煮にすることができますので、オススメです。


先日のパーティーは「シャンパーニュ」がテーマでしたので、
メイン料理もそちらに合わせるイメージで作りました。


ふくよかでボディのしっかりとしたコチラのシャンパーニュとは
とても良い相性でしたが、白ワインと合わせるなら、
香りが華やかなコチラなんかも面白いですね。

年末のパーティーのメイン料理にいかがでしょうか。



2011年12月17日土曜日

《速報》日経プラス 何でもランキング

本日朝の日経新聞土曜版に
嬉しいニュースが飛び込んできました!






土曜版 NIKKEI プラス1 1217日版何でもランキングの
『クリスマスに楽しみたい、3,000円以下のスパークリングワイン』
に、エノテカのワイン3本がランクインしました。

数あるスパークリングワインの中で、エノテカのワインを
3本もお選びいただけたなんて、嬉しい限りです。


電話受付開始時間の10時、早速最初のご注文を頂戴しました。
「3本まとめてクリスマスプレゼントとして贈りたい」
と、ギフトボックス付きでのご注文。

こんな話題性十分のワインを贈られたら、嬉しいですね!

2011年12月15日木曜日

シャンパーニュ・キャンドル

本日の東京都心は、朝から気持ちの良い晴天。

コートが必要ないほどの暖かさでしたので、
お昼休みに会社周辺をお散歩です。























広尾のランドマーク的存在「ナショナル麻布スーパー」は、
10月に閉店して、今は建物を取り壊す工事中です。

来年中には新しくビルを建て替えて、
「NEW」ナショナル麻布が誕生する予定、とのことですが。


輸入食品が豊富で商品を見ているだけで面白く、
生鮮食品の質の高さや産地開示に積極的なこと・・・
などなど、こちらのスーパーは普段のお買い物に
大変重宝しておりました。

早い営業再開を期待したいところです!






























ナショナル麻布の駐車場に現在も営業中の
フラワーショップ「サンフローリスト麻布店」と
アイスクリームショップ「サーティーワン」も、
年内一杯で閉店だそうです。


クリスマス一色のフラワーショップに、
ひときわ輝く黄金色のグラスを見付けました。



























「シャンパーニュ・キャンドル 2,100円」

本物のシャンパーニュを思わせる気泡は、
柔らかいゼリーキャンドルを使用することで
再現しているそうです。

「火を灯すと気泡がキラキラと輝いて綺麗ですし、
グラス本体はキャンドルがなくなった後もお楽しみ頂けますよ」

とのこと。


先日「シャルドネ・キャンドル」を買い求めたばかりですが、
これもクリスマス用にと早速購入しました。
ワイン好きの我が家に、また美しいワインキャンドルが
仲間入りです。



2011年12月14日水曜日

真鯛のマリネとポン酢のジュレ

このところ毎日が「泡」モードの我が家です。

毎年この時期になると話題沸騰なのがボッテガの
「キラキラシリーズ」ですが、昨日は今年のニューフェイス、
プラチナ・スプマンテを頂いてみました。





























合わせたお料理は
「軽くスモークした真鯛のマリネ ポン酢のジュレがけ」

柚子のピールとディルを、ごく軽くスモークした鯛で巻いて
一緒に頂きます。

ポン酢のジュレは、ポン酢とだし汁を鍋に入れて火にかけ、
沸騰直前にふやかしたゼラチンを入れて冷蔵庫で冷やすだけで
できる、ちょっと一工夫したい時には使えるアイテムです。
今回は更に爽やかさを出したいので、柚子の果汁を
絞り入れました。

フルーティーでクリアな作りのプラチナ・スプマンテに、
柚子のニュアンスを加えたマリネがとても良く合いました。


2011年12月11日日曜日

六本木ヒルズ店

毎年この時期、六本木ヒルズ近辺は
ブルーとホワイトの光一色に包まれます。



























けやき坂から東京タワーを眺める定番スポット。
東京タワーもクリスマス限定カラーです。

次々と東京タワーのライティングが変わる度に
街ゆく人の足も止まり、歓声が上がるのも、
心浮かれるこの時期ならではの光景ですね。



夜のお散歩がてら、六本木ヒルズの中にある
エノテカ六本木ヒルズ店に立ち寄ってみました。

この時期の寒さを物ともせずにテラス席でワインを
楽しまれているかたも多く見かけますが、
私は・・・寒さに負けて「ホットワイン」を。




ホットワイン945円

蜂蜜漬けのオレンジが入った、フルーティーで
飲みやすい味わいで、体が温まります。

注文を頂いてから作るそうで、
「入っているワインはその日によって違うので、
味も全然違うんですよ」とのこと。
そう言われると、通ってみたくなりますね。

























シャイな千葉店長と、笑顔満点のスタッフ矢口くん、大原さん。

イルミネーション観賞で冷えた体にホットワイン、
この時期オススメです。 

2011年12月9日金曜日

シャルドネ・キャンドル

先日、インテリアショップにこんな素敵なグッズを
見付けました。





















「シャルドネ・キャンドル」

ロサンゼルスのインテリアメーカー「ZODAX」のキャンドルで、
なんと「シャルドネ」をイメージして作られたものとのこと!

「NAPA VALLEY」や「Vintage1990」など、
ワインを連想させるキーワードがちりばめられている
フェイスは、まるでワインのラベルのようです。

確かにシャルドネを思わせるエレガントで
爽やかな香りが火を付けない状態でも漂い、
なんとも幸せな気分になります。

他にもワインレッドのカラーが印象的な
「カベルネとオークの香り」、なんていうのもあるようですよ。
ワイン好きの方へのちょっと変化球のプレゼントに
良いかもしれませんね。
























こちらのキャンドルと、カリフォルニアのシャルドネ
あれば、素敵な夜になりそうです。


2011年12月8日木曜日

「ソルシ」と野菜料理

街はクリスマスソングで溢れていますね。
定番のメロディーを聴くと、なぜか「泡」の気分になるのは、
私だけでしょうか・・・

キラキラとしたメロディーと浮足立った街の雰囲気は、
いつものスパークリングワインをちょっと違った表情に見せる
気がします。

昨日はイタリアのイル・ボッロが造るスパークリング、「ソルシ」
を頂きました。驚くほど美しく澄んだレモンイエローで香りも良く、
最近お気に入りの1本です。

合わせるのはシンプルな野菜料理です。


カブとスモークサーモンのマリネ。
スライスしたカブは塩を当てて軽く水気を絞り、
柚子コショウとレモン、グレープシードオイルで
マリネします。

グレープシードオイルは、文字通りブドウの種を原料とする
オイルですが、ワインと同様にポリフェノールが豊富で
その健康効果も注目されています。サラッとしていて無臭なので、
素材の味を活かしたお料理にはぴったりです。
























茄子とミントのマリネ
グリルした茄子に、ケッパー、にんにく、白ワインビネガー、
刻んだミント、オリーブオイルを合わせたものを挟んで、
しっかり冷やしていただきます。

夏のお料理ですが、ミント好きな私は茄子がある時は時折作ります。
こちらは、中部イタリアあたりのヴェルデッキオなど、
若葉の香りのする白ワインとも相性の良い、
美味しいおつまみです。





2011年12月7日水曜日

最速!2009年ムートンラベル発表です。

毎年著名な現代アーティストのデザインを採用していることで
知られるムートン・ロスチャイルド。
2009年ヴィンテージのラベルデザイン発表のニュースが
世界最速で入って参りました。


2009年ヴィンテージのラベルはこちら



「物質と光の強烈な対比に、
植物が急激に成長する様を表現している」
というラベルのデザインを手掛けたのは、
インド生まれイギリス国籍の画家兼彫刻家、
アニッシュ・カプーア氏。

シンプルな造形の中に深い精神性を込めた作品や、
鮮やかな色使いの彫刻により一躍有名になり、
今や現代美術の顔とも言える氏。
























こちらは代表作品の一つ、ニューヨークの
ロックフェラー・センターの「スカイ・ミラー」


また、2012年のロンドンオリンピックを象徴する
記念モニュメントの鉄塔、「オービット」を手掛けることでも
知られています。

ステンレススチールを用いた宇宙的な広がりを連想させる
スケールの大きい作品とともに、赤と黒の色使いに
象徴される力強い作品もカプーア氏の特徴と言えます。

ワインの入荷は来年春頃の予定です。
実物を見るのが楽しみですね。

2011年12月6日火曜日

有栖川公園でお弁当

昨日の東京は、日中とても暖かでした。

久々のお休みだった私は、自転車に乗りたいという娘と共に
冷蔵庫にあるものでササッとお弁当を作って公園へ。






















エノテカ本社にも程近い有栖川宮記念公園。
都心にあるとは思えないほど広々と静かな空間は、
どなたかが、「良い『気」』が流れている」とおっしゃっていた
意味がよくわかる、パワースポットです。





お弁当のおかずは
鯖のカレー揚げ、黒豚シューマイ、コールスローサラダ、
サツマイモの胡麻よごし、ゆで卵、トマト


カレー風味の鯖をいただいていると、
香りと風味のしっかりとした白ワインが飲みたくなります。
エキゾチックな香りは、こちらのゲヴェルツトラミネール
ピッタリ!と、妄想は膨らむ一方。

・・・ですが、この鯖、子供にはちょっとオトナの味過ぎた模様で、
進むのはさつまいもとミニトマトばかりでした。


太陽の下、パワースポットでのんびり充電完了!
また今週も頑張りましょう。



2011年12月4日日曜日

「あなたの恋に白黒付けます」

今日の東京は久々に快晴です。
雨が続くと、太陽のありがたみを感じますね。

エノテカ・オンラインは土日も営業していますが、
会社自体はお休みです。
社内の静けさを利用して、一気に仕事を進めましょう。



ランチタイムはご近所、「神戸屋キッチン」さんの
サンドイッチ。こちらのバラエティサンドはいつもながら
美しい断面です。


ランチの後、広尾本店にあるものを買いに行きました。
それは・・・


イプシロン・ホワイト・QRコード(カ・ディ・ライオ)

「あなたの恋に白黒付けます」
というキャッチコピーのワインです。

言葉に出来ない思いをワインが代弁してくれるなんて、
なんとも頼もしい恋のキューピットです。

今夜はこのワインをある方にプレゼント・・・
結果は後日ご報告いたします!笑