2011年11月29日火曜日

「いい肉の日」

11月29日は、「いい肉の日」だそうです。

もともとは宮崎県の「より良き宮崎牛づくり対策協議会」が、
宮崎牛をアピールするために制定したそうですが、
いまや、全国の焼き肉屋さんなどでも様々なイベントを
実施していますね。

この日に気付いた無類の肉好きがいる我が家では、
リクエストにより昨日一日早い「いい肉の日」に。



























タリアータ。イタリア風牛のたたきです。


焼いただけ、切っただけ、のお料理ですが、
簡単にポイントをご紹介しますね。

お肉はもも肉でもロースでもお好きな赤身で。
塩こしょうとにんにく、ローズマリーで1時間ほど
マリネしておくと味と香りが豊かになります。
お肉を室温に戻しておくこともポイントです。

モクモクと煙が出るほどに熱したフライパンで
焼き目を付けるように焼いて、レアの状態で上げます。

焼き上がったお肉を15分ほどアルミホイルに包んで
休ませておくと、余熱で程良く火が入り、
肉汁も落ち着いてしっとりと美味しくいただけます。

ルコラを巻いて豪快にどうぞ!

ちょっと気を使うだけでグンと美味しくなりますし、
パーティーのメインとしても大活躍のお料理です。
合わせるワインは、フレッシュさと芯の強さを
合わせ持つこんなワインが良いですね。
レ・ディフェーゼ(テヌータ・サン・グイド)/イタリアトスカーナ産

「いい肉の日」の今日は、美味しいお肉とワインを
存分に楽しみましょう♪

2011年11月26日土曜日

イタリアン・ドリーム

イタリアの2大ワイナリー、『サッシカイア(SASSICAIA)』『ガヤ(GAJA)』

この度、ガヤより5代目オーナーファミリー『ガヤ・ガヤ女史』、
サッシカイアよりオーナーファミリー兼醸造責任者
『セバスティアーノ・ローザ氏』をお迎えして、
「イタリアン・ドリーム」という、まさに夢のコラボイベントが開催されました。






























会場はエノテカ広尾本店。




























それまで無名だったバルバレスコを一躍有名にしたガヤ家。
イタリアで最も「ファミリー」というものを強く意識して打ち出している
と、誇らしげに語るガヤ女史は本当に輝いておられました。
前回お会いした時から、なんと8キロ痩せたとか!




























イタリアで外来品種を持ち込んだパイオニアと言われるサッシカイア。
セバスティア―ノ氏は相変わらずのダンディーなお姿です。
大きな災害に見舞われた日本のことに心を痛め、
私たちスタッフにも温かいお言葉をかけて下さいました。



今回、ガヤ女史のイタリアワインの軌跡についてのお話は
大変興味深いものがありました。

ガヤ女史談
『イタリアワインの今があるのは、南北に長い地形による
テロワールと品種の多様性はもちろんですが、
それよりもイタリア人がワインを愛する「アルティザン」であるから。

イタリアには約32000件のワイナリーがあります。
オーストラリアの約2500件と比べると10倍以上の軒数。
家族で経営する小さなワイナリーも多数あり、
それぞれに自分たちのワインを愛し、信じ、
職人のように自分たちのワインを作り続けている。
それが今のイタリアワインの礎となっているのです。』


自分たちのワインを信じてきた証が、
今の世界に名を轟かす2大ワイナリーという訳ですね。

2011年11月24日木曜日

血液型ワインとは・・・

血液型の話題では大抵、

「やっぱり!」
「そうは見えないね~!」

といった、性格の話になります。
それほど血液型による性格診断は浸透していますよね。

























スペインから新登場の「血液型ワイン」



我が家は、よく「A型でしょ?」と言われる私と
「典型的なAB型」と言われる夫です。

ある診断情報によると・・・

「気が繊細で何でも完璧主義なAB型男性を、
忍耐力と辛抱強いA型女性が上手にカバーし、
息の合った良いカップルです。」

・・・本当に面白いほど全てが逆なのですが!?

やはり血液型と性格は関係ないのでしょうかね。
気になるところです。

2011年11月22日火曜日

プロのカメラマンさんに!

エノテカ・オンラインでは、販売するワインの撮影などは
それぞれの「自己流」でやってきたのですが・・・

この度、プロのカメラマンさんに機材と撮影方法を
レクチャーしていただく機会に恵まれました。

講師の先生は、世界的にご活躍の名カメラマン、S氏。
素人の私たちにもわかりやすく教えてくださいました。






















「ブレてる!」
「同じような画が撮れない!」
 など、ボトル撮影はそれはそれは苦労の連続でしたが・・・
これで素晴らしい写真が撮れる予感!


























2009 ムートン・カデ・ルージュ 80周年復刻ラベル /バロン・フィリップ・ド・ロスチャイルド

先生に、 「撮れてるじゃな~い!」
とお墨付きをいただいたのがこちら。

今後のエノテカ・オンラインの写真にご期待ください♪

2011年11月19日土曜日

シャンパーニュクルーズ

エノテカ広尾店では今週末、
「2011冬のシャンパーニュクルーズ」
と題しましたシャンパーニュテイスティングの
イベントを開催しております。


なんとチケットによっては全28種類のシャンパーニュが
飲めてしまうという、冬の始まりの一大イベントです。


2004 ペリエ・ジュエ・ベル・エポック [ボックス付] /ペリエ ジュエ (フランス シャンパーニュ スパークリングワイン)


会場のサービス台に並んでいました、
ペリエ・ジュエの美しいクーラーです。
エレガントで華やかなシャンパーニュは、
クーラーなどのグッズのエレガントさも必須ですね。

イベント中は、取材が不可能なほどの盛況ぶり。
皆様グラス片手に店内でゆっくりと過ごされていました。























ご協力いただきました国内のインポーター全8社様。
ありがとうございました。



2011年11月18日金曜日

トレトゥール・トロワ・コション(閉店)

今日は公園でランチの気分、ということで向かったのは、
ご近所のフランス惣菜のお店、
「トレトゥール・トロワ・コション」さん。

「三匹の豚」という可愛らしい店名のこちらでは、
本格的なフレンチ惣菜や切りたての生ハム、サラミなどの
シャルキュトリーが並びます。

今週末までは、解禁したばかりのボジョレー・ヌーヴォーが
切り立ての生ハムと一緒に店内でいただけるとのこと。

今年のヌーヴォーは香りも味わいも密度が濃く、
お料理と合わせて楽しめる造り。生ハムとも
ピッタリでしょう。仕事中でなければ、うっかり
注文してしまうところでした。。。



























2011 ボジョレー・ヴィラージュ・ヌーヴォー /ジル・ド・ラモア (フランス ブルゴーニュ 赤ワイン) 


ランチに買い求めたのは、焼き立てのロティサリーチキン。
フランスから直輸入した専用のロースターで
焼き上げたチキンは、しっとりとしたお肉と
濃厚な旨みで、とても美味でした。

「これはワイン以外考えられませんが・・・!?」
と思う気持ちを抑えてお茶で我慢です。



























ちなみに、ドレッシングの容器は・・・



























ぷっくりと太った豚さん。

チャームポイントは真っ赤なお口です♪


【残念ながらこちらのお店は閉店されました】



2011年11月16日水曜日

いよいよ明日解禁日!

今朝の冷え込みは冬の到来を思わせましたね。
そろそろマフラーと手袋が必要なようです。

さて、明日はボジョレー・ヌーヴォー解禁。
エノテカにも続々と入荷しております!

そして・・・
コチラ!





















































2011 ボジョレー・ヴィラージュ・ヌーヴォー ゴールド /ジル・ド・ラモア(フランス ブルゴーニュ 赤ワイン)


「キラリと光る」という謳い文句ですが、
キラリどころではないギラギラのオーラを放つこちらも、
ボジョレー・ヌーヴォーなんですよ。
明日の解禁が楽しみです!





























撮影していたすぐ隣に、オリーブの実がきれいに色付いておりました。
今は、9月~10月に収穫されたグリーンオリーブの新漬けも出回るシーズン。

今日はオリーブの新漬けを買って帰ることにします。
合わせるワインは、ミネラル感たっぷりの白がいいですね♪



2011年11月15日火曜日

ごあいさつ

エノテカ・オンラインのワタナベです。
この度、ブログを担当することになりました!

オフィシャルブログ開設ということで、大変な重責!
戦々恐々としておりましたが、
「自由に書いちゃって~!」
と送り出されましたので、ここはひとつ。

働くママの日常、お料理や子育ての話、
ワインのこともたまには。(逆ですかね!?)

目標は・・・
「毎日更新!」

としておきますが、ゆ~るりと書いていきますので、
どうぞよろしくお願いいたします!